2018.10.27

 10月27日(土)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、10月28日(日)後楽園ホール「Krush.94」の前日計量・会見が行われた。

 第6代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦で対戦する桝本"ゴリ"翔也とビクトー・サラビア。過去にK-1で武尊・武居由樹の2大王者と拳を交え、今回がKrush初参戦となるサラビアは「今とても興奮している。いつでも試合をする準備ができているので、明日の試合のすべてを出せると思う。前回の試合から十分時間があって、スキルアップすることが出来たよ」と約1年ぶりの日本での試合を前に自信をのぞかせる。

 対戦相手の桝本については「しっかり研究して弱点も見つけた。その弱点を狙って爆発的な試合を見せるよ」と対策は十分。さらに「ゴリのことを色々と調べたんだけど、ゴリはバナナが好きなんだろ? 今日はバナナをプレゼントするから、これでしっかり回復してもらいたいね」と桝本が「毎日食べている」と公言しているバナナを差し入れし、会見場を盛り上げた。

 サラビアとも対戦経験のある現K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹はトーナメントの注目選手としてサラビアの名前を挙げていた。サラビアも「俺は武居に負けてからかなりレベルアップしている。それをファンのみんなに見てほしい。今はKrushのベルトを獲ることに大きな意味を感じているけど、いずれはK-1チャンピオン=武居と戦いたい」と武居へのリベンジも視野に入れている。

 対する桝本はサラビアからバナナを受け取り「あとで美味しくいただきます」と笑顔で回答。トーナメントの一回戦であることはもちろん、大会のセミファイナルということにも触れ「明日はいつも通りしっかり倒しに行って面白い試合をします。倒すことはもちろん、セミファイナルに組まれた良いカードだと思うので、それに相応しい打ち合いの激しい試合をしたいと思います」と続ける。

「今回は負けからの復帰戦でもあるし、勝つとオイシイ相手です。チャンスだと思うので逃さないように捕まえます。自分はKrushで生まれて、Krushで育ってきたんで、Krushのベルトは絶対に自分が取らなきゃいけないベルトだと思っています。明日は一戦必勝で集中して戦います」とKrush王座へ向けて第一関門=サラビアとの一戦に集中力を高めた。

 

選手登録