2022.07.07

 7月7日(木)都内にて、8月27日(土)東京・後楽園ホール「Krush.140」のの第1弾カード発表記者会見が行われた。

 今大会では寧仁太・アリvs中野滉太のKrushウェルター級タイトルマッチが決定。今年2月の「Krush.134」で松岡力を破って第10代Krushウェルター級王者になった寧仁太にとっては、これが初防衛戦だ。

 また挑戦者となった中野はスーパー・ライト級から階級をウェルター級に上げての初戦を2月のK-1東京体育館大会で戦い、元Krushウェルター級王者の山際和希を撃破。この実績を買われて、階級転向2戦目で早くもタイトルマッチの挑戦権を獲得した。寧仁太と中野は共に1999年生まれの23歳。ベテランを撃破した者同士によるフレッシュなタイトルマッチの実現だ。

 チャンピオンになってからの初戦が初防衛戦ということでプレッシャーを感じているという寧仁太。「ウェルター級で防衛している選手が少ないので、そういう悪いジンクスもあると思うんですけど、僕はそういうのを跳ね返してドンドン防衛して、ベルトの価値も上げていきたいと思っているので頑張ります」と、長期政権樹立に意欲を持っている。「人の記憶に残るような試合をしたいなって思っています」と、まずはこの初防衛戦で王者としての実力をファンに見せつける。

 対する中野の所属するPOWER OF DREAMは、武居由樹、江川優生、シナ・カリミアン、佐々木洵樹、中島千博と歴代のK-1&Krush王者を輩出してきたジムとして知られている。「先輩たちがベルトを巻いて、自分も巻くのが当然のことだと思っている」と、中野もまたジムにベルトを持ち帰ることを約束。前日の後楽園ホールではボクシングに転向した武居が東洋太平洋スーパーバンタム級のタイトルに挑戦するが、「自分も次の日にチャンピオンになれるようにしっかり練習して、試合に臨みたいと思います」と、偉大な先輩に続くことを誓っていた。

寧仁太・アリ
「自分の試合を楽しみにしてくれた皆様、お待たせしました。K-1ジム総本部の寧仁太・アリです。チャンピオンになってから初戦で凄いプレッシャーとかあるんですけど、楽しんでいつも通りやっていこうかなと思っています。(お互いのファイターとしての印象は?)さすがPOWER OF DREAMだなっていう感じで、攻撃のリズムとかパンチが凄く強いんで、僕は蹴りが巧いと言われたんで、蹴りとパンチの戦いになるのかなって思ってます。

(Krushのタイトルマッチとして相応しい内容の試合とは?)人の記憶に残るような試合をしたいなって思っています。(ベルトは獲るより守るほうが難しいと言われているが、初防衛戦ということに関してどのように感じている?)ウェルター級で防衛している選手が少ないので、そういう悪いジンクスもあると思うんですけど、僕はそういうのを跳ね返してドンドン防衛して、ベルトの価値も上げていきたいと思っているので頑張ります。

(プレッシャーはありますか?)プレッシャーはいつも通りな感じですね。(ウェルター級の魅力は?)パワー、技術、スピードとか全てで見ていて面白い階級だと思っています。海外の選手とかも含めても、広い世界がある階級だと思っているので、これからドンドン強い選手が出てきたり広がっていくと思うので、そこに置いていかれないように頑張りたいと思います。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)ベルトを獲ってからというか、獲る前から応援してくれる人がたくさんいて、全然何もなかった自分が格闘技を始めてベルトを獲って変えてくれたと思っているんで、このベルトを守ってドンドン価値を上げていきたいと思っているんで、当日は応援お願いします」

中野滉太
「階級を上げて2戦目でKrushのタイトルマッチを組んでいただき、本当にありがとうございます。Krushのベルトはプロデビューしてから目指してきたベルトで、POWER OF DREAMにベルトを持って行くというのはまた一つ自分にとっては大事なことなんで、しっかり勝ってこのベルトを持って帰るようにしたいのと、同じ日に昔からずっとやってきた(岩尾)力くんも一緒に試合をして。

 前の日は元ジムの先輩である武居由樹が東洋太平洋のタイトルマッチが同じ会場であるので、1日違いで。由樹くんにも前の日にベルトを獲ってもらって、自分も次の日にチャンピオンになれるように、必ずそれが出来るようにしっかり練習して、試合に臨みたいと思います。応援よろしくお願いします。

(お互いのファイターとしての印象は?)寧仁太選手はリーチがあって、身長も高くて、凄く技術のある、特に蹴りのほうが技術のある選手だなと思います。(Krushのタイトルマッチとして相応しい内容の試合とは?)KO決着です。(偉大な先輩たちがベルトを持って帰ってきているのを見ていて、それに対するプレッシャーはある?)プレッシャーは全然ないんですけど、先輩たちがベルトを巻いて、自分も巻くのが当然のことだと思っているし、ベルトを巻いて当然だと思っているので、この試合にしっかり勝って、普通にベルトを持って仕事を終わりたいと思います。

(ウェルター級の魅力は?)どの階級にも負けない技術も攻撃力もある階級だと自負しているので、その階級にまた新たな一人の男が現われたと思われるような試合を今回見せて、K-1のほうに進んでいけたらなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)8月27日は自分の日に出来るように、今日からではなく常に練習はしているんですけど、しっかりこれ以上に追い込んで、KOで倒してチャンピオンになれるように頑張りますので、皆さん応援よろしくお願いします」

 

選手登録