2022.05.02

 5月1日(日)都内にて、6月17日(金)東京・後楽園ホール「Krush.138」の第一弾カード発表会見が行なわれた。

 この日はスーパー・ライト級タイトルマッチの佐々木大蔵vs寺島輝を含む6試合が発表された。発表カード・選手プロフィール、中村拓己K-1プロデューサーのコメントは以下の通り。

[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
横山朋哉(日本/リーブルロア) Yokoyama Tomoya
00.3.20生/群馬県太田市出身/22歳/168cm/サウスポー/14戦11勝(6KO)3敗
<主なタイトル歴>
K-1甲子園2017 -60kg準優勝
twitter:@k1_tomoya397
instagram:@k1_tomoya_official397

vs

石田勝希(RKS顕修塾) Ishida Katsuki
92.10.30生/大阪府堺市出身/29歳/170cm/オーソドックス/33戦25勝(11KO)5敗3分
<主なタイトル歴>
K-1甲子園2009 第三位
第9代MA日本キックボクシング連盟スーパー・ライト級王者
第3代・第9代ACCELライト級王者
RKSスーパー・ライト級王者
twitter:@katsuki_ishida
instagram:@ishida.katsuki

「横山選手は第10代Krushスーパー・フェザー級王座決定トーナメントを勝ち上がり、決勝で中島千博に敗れてベルトは獲れませんでしたが、勢い。爆発力はこの階級ではトップクラスです。対戦相手の石田選手はこれまでライト級で試合をしてきましたが、今回から1階級下げることになります。ライト級の実力者がスーパー・フェザー級でどんな動きをするか。1発目が横山選手ということもあり、見応えのある試合になりました」

[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
野田哲司(PURGE TOKYO) Noda Tetsuji
00.8.22生/大阪府枚方市出身/21歳/176cm/オーソドックス/13戦9勝(2KO)4敗
twitter:@YeaOhtetsu
instagram:@tetsu1024kick

vs

松本涼雅(team ALL-WIN) Matsumoto Ryoga
00.11.16生/大阪府大阪市出身/21歳/174cm/オーソドックス/4戦3勝(1KO)1敗
twitter:@_Ryoga_0219_
instagram:@ryoga_0219_

「野田選手はTETSUのリングネームで活躍後、昨年PURGE TOKYOに移籍して本名の野田哲司として再出発。今年1月の第10代Krushスーパー・フェザー級王座決定トーナメントのリザーブ戦では惜敗していますが、強くなったところを見せてくれました。対する松本選手はKrushスーパー・フェザー級王座決定トーナメント1回戦で横山朋哉選手に敗れて以来の再起戦。キャリアは浅いがスピードとテクニックに優れた選手です。今回が共に再起戦。ここからどう巻き返すか」

[Krushフェザー級/3分3R・延長1R]
兼田将暉(RKS顕修塾) Kaneda Shoki
99.6.25生/大阪府堺市出身/22歳/163cm/サウスポー/18戦16勝(6KO)2敗
<主なタイトル歴>
K-1甲子園2017 -60kg王者
ACCELフェザー級王者
元HEATキックライト級王者
元RKSスーパー・フェザー級王者
twitter:@shokirks
instagram:@shoki1028

vs

林勇汰(FLYSKY GYM) Hayashi Yuta
98.7.23生/兵庫県加古川市出身/23歳/164cm/オーソドックス/15戦6勝(2KO)7敗1分1無効試合
instagram:@h.yuuta0723

「兼田選手はK-1甲子園優勝者で、プロでは様々な団体で試合をしてきましたが、今年1月からK-1 JAPAN GROUPに参戦。若いがテクニカルで老獪、とても上手い選手です。林選手は毎回熱い試合を見せてくれる激闘派で、前回KO負けしてしまい、少し期間を置いての復帰戦です。兼田選手の技巧派ぶりと、林選手の熱い試合がぶつかると思います」

[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
目黒翔大(優弥道場) Meguro Shota
99.12.22生/千葉県千葉市出身/22歳/164cm/サウスポー/10戦3勝(2KO)5敗2分
<アマチュア優勝歴>
第7回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -60kg優勝
第23回K-1アマチュア チャレンジAクラス -60㎏優勝
twitter:@shota_meguro22
Instagram:@meguro.shota22

vs

松山勇汰(TEAM TOP ZEROS/LARA TOKYO) Matsuyama Yuta
03.11.11生/東京都練馬区出身/18歳/176cm/サウスポー/3戦2勝(2KO)1敗
<主なタイトル歴>
K-1甲子園2020 -60kg王者
twitter:@yuta_ttzK1
Instagram:@yuta_ttz

「目黒選手は優弥道場所属で毎回熱い試合をするアグレッシブなファイター。松山選手はK-1甲子園優勝の実績があって、プロではフェザー級で試合をしてきたが、今回からスーパー・フェザー級に上げることになりました。ここから上を目指していくスーパー・フェザー級の新鋭対決です」

[Krushフライ級/3分3R]
大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER) Okubo Rui ☆Krush初参戦
04.9.12生/栃木県宇都宮市出身/17歳/175cm/オーソドックス/1戦1勝
<主なタイトル歴>
K-1甲子園2021 -55kg王者
第11回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -55kg優勝
第37回K-1アマチュア チャレンジAクラス -55kg優勝
twitter:@rui912912
Instagram:@rui_912

vs

石郷慶人(K-1ジム福岡チームbeginning) Ishigo Keito
04.7.22生/福岡県福岡市出身/17歳/159cm/サウスポー/3戦1勝1敗1分
<主なタイトル歴>
初代九州プロキックボクシングフライ級王者
twitter:@Keito__0722
Instagram:@keito__k1

「大久保選手は昨年のK-1甲子園優勝、アマチュア全日本大会優勝。K-1 AWARDSでベストアマチュアを獲得し、2月のK-1東京体育館大会でプロデビューして今回がプロ2戦目です。対戦相手の石郷選手はK-1ジム福岡チームbeginningからの参戦です。フライ級では昨日のKrush後楽園大会で大夢選手がインパクトを残して『大夢選手に続く選手が出てくればトーナメントも』とコメントしましたが、まさに二人はフライ級戦線の上に行くポテンシャルの持ち主。プレリミナリーですが、これからK-1 JAPAN GROUPのフライ級の流れを決める対戦になりました」

 

選手登録