2022.04.30

 4月30日(土)東京・後楽園ホールにて行われた「Krush.136」。本大会のABEMA生放送の解説を務める片山萌美さん第6代K-1スーパー・ライト級王者 大和哲也選手が大会開始前にリングへ上がり意気込みを語った。


大和哲也
「(チャンピオンとなり)おかげさまで最高の毎日を過ごさせて頂いております。ベルトは明日のサイン会のために持ってきたんですけどホテルに置いてきちゃいました…。やっちゃいました(苦笑)。
 今日はセミファイナルに注目してます。西京選手も元Krush王者、増井選手も第Bigbang王者ということで王者対決、セミファイナルながらメインイベント級のカードで楽しみにしています」

片山萌美さん
「本気の闘志、本気の殴り合いが見れるので楽しみです。リングに上がるだけで緊張します。ここで本気の戦いが見られると思うとドキドキしちゃいますが、選手のみなさんにはできる限り自分の力を全力で出してほしいと思います」

 

選手登録