2022.03.27

 3月27日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.135」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第7試合では約3年半ぶりの復帰戦となる山崎陽一と強靭なフィジカルを誇る夜叉猿がスーパー・ウェルター級で激突。試合は序盤から真っ向勝負の打ち合いとなり、カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)とローキックを蹴り分けた夜叉猿が判定勝利を収めた。

 一夜明け会見では「山崎選手は僕の憧れのマラット・グレゴリアンと勇敢に打ち合ったり、ジョーダン・ピケオーともバチバチにやりあってて、すごく尊敬している選手でした。戦えことはうれしかったし、尊敬しているからこそ絶対に勝ちたいと思っていました」と明かした夜叉猿。

「ローキックもどんどん蹴ったけど倒せなくて。まだ蹴り足りへんのかなと思ったし、自分の足が壊れるつもりで蹴らないといけないと思った」と反省点をあげつつ「自分の力を最大限相手にぶつけられるようにしたい。まだ自分は経験が浅いんで、試合をやりながら成長していくしかないと思います。逆にフィジカルはトップクラスだと自覚しているんで、当てるテクニックと力の伝え方を覚えたらトップ戦線でやっていけると思います」と持ち前のフィジカルを100%発揮できるファイトスタイルの構築を目標に掲げた。

夜叉猿
「昨日の試合は勝ちたい気持ちを全面に出して蹴り続けたことが勝利につながったと思います。(山崎の印象は?)試合前から映像を見て、すごくテクニックがあるイメージでした。実際に試合してもカウンターを合わされて、テクニックだけでいうと足元にも及んでなかったんですけど、逆にフィジカルでは通用するところがあって。それを貫き通して、ねじ伏せて何とか勝つことが出来ました。

(判定決着になったが)すごい打たれ強かったのもあるし、得意のハイキックを当てられたらと思ったんですけど、ディフェンス能力が高くてなかなか当てられなくて。ローキックもどんどん蹴ったけど倒せなくて。まだ蹴り足りへんのかなと思ったし、自分の足が壊れるつもりで蹴らないといけないと思いました。これからも重い打撃で相手を壊していきたいと思います。(今年の目標は?)勝負の年やと思っているんで、一試合も落とされへんし、一試合でも落としたら自分の夢を達成するのも難しいと思います。絶対に一戦も落とさないようにインパクトを残したいと思います。

(ベテランで強豪の山崎に勝てたことについて)山崎選手は僕の憧れのマラット・グレゴリアンと勇敢に打ち合ったり、ジョーダン・ピケオーともバチバチにやりあってて、すごく尊敬している選手でした。戦えことはうれしかったし、尊敬しているからこそ絶対に勝ちたいと思っていました。しっかり勝ててよかったです。(ローキックとカーフキックの蹴り分けは?)自分が受ける側になってもカーフばっかり蹴ってこられても、それだけディフェンすればいいって意識になるんですけど、蹴り分けられた嫌なんで。やられて嫌なことをやれといつも言われているんで、そこは蹴り分けました。

(フィジカルの強さが倒す力に結びついてない部分もあるが)身体の使い方が悪いという声もあるし、自分の力を最大限相手にぶつけられるようにしたい。まだ自分は経験が浅いんで、試合をやりながら成長していくしかないと思います。逆にフィジカルはトップクラスだと自覚しているんで、当てるテクニックと力の伝え方を覚えたらトップ戦線でやっていけると思います。(ファンへのメッセージ)僕は仕事も辞めて、周りにもわがままを言って、迷惑をかけています。でも絶対ビッグになるんで、もうちょっとだけ迷惑かけさせてください」

 

選手登録