2022.03.27

 3月27日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.135」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 セミファイナルで、松谷桐から3度のダウンを奪い大差で勝利した野田蒼。持ち前のステップワークに加え、倒せるパンチも見せての完勝劇だったが、一夜明け会見では、意外にも「作戦はあの内容とは全く違っていて、もっと圧倒する予定でした」ことを明かす。

「プレッシャーをかけて三日月蹴りで腹を効かせて倒す作戦でしたが、松谷選手と向き合った時に今までに感じたことのないプレッシャー、オーラを感じて、ずっとプレッシャーをかけられて凄くやりにくかった」と想像以上の松谷の圧力でやにくさを感じるなかでの勝利だった。

 昨年5月のK-1バンタム級日本最強決定トーナメント一回戦で敗れ、リベンジを狙っていた壬生狼一輝がメインで負けたことについては「壬生狼選手は凄く華があって観ていて面白い。そういうチャンピオンに挑戦したいとずっと思っていて、『今回勝って絶対に勝って壬生狼に挑戦したんねん』という気持ちでした。池田選手は強いしチャンピオンやと思うのですが、ただのチャンピオンやと思うので僕がチャンピオンになった方がこれからこのK-1グループをもっと上に持って行けます。ただのチャンピオンにはすぐに変わってもらおうと思います」と新チャンピオンに宣戦布告。

「これから僕はこのグループの中心に行ってベルトを巻くというよりも、Krush、K-1を背負ってトップの顔としてみんなに見られるような試合をこれからしていきたいと思います」とK-1グループのエースの座を狙うと大きな野望を掲げた。

野田蒼
「他団体の元チャンピオンに凄く落ち着いて戦えて、試合内容的には良かったと思います。(どんな作戦だった?)『今回は変わった自分を見せる』と言っていた通り、もっと圧倒する予定でした。最初は自分からプレスをかけてKrushらしい試合をしようと思って、1Rからバチバチに打ち合いに行くつもりで、パンチ力をつけて来たんですよ。で、プレッシャーをかけて三日月蹴りで腹を効かせて倒す作戦でしたが、向き合った時に今までに感じたことのないプレッシャー、オーラを松谷選手から感じて、ずっとプレッシャーをかけられて凄くやりにくかったです。

(やりたいことは何%出たか?)30%ぐらいですかね。前のスタイルにただパンチ力が付いただけの試合になったんで。それでも内容が変わったと思ってくれた人もいて、色々と意見をもらいました。まだ僕には可能性しかないと思っています。今年このK-1 JAPAN GROUPの中心にいこうと思っているので、まだまだこんなもんじゃないと思っています。

(リベンジを狙っていた壬生狼がメインで負けたことについて)自分の試合が終わってホッとし過ぎてあまり試合を見ていなかったのですが、見なくても正直、壬生狼選手が勝つと思っていました。でもセコンドから『延長に行くかも? 今はイーブンぐらい』と言われて、『頑張れ! 壬生狼!』と思っていたのですが負けちゃいました。

(王者・池田に挑戦したい?)壬生狼選手は凄く華があって観ていて面白い。そういうチャンピオンに挑戦したいとずっと思っていて、『今回勝って絶対に勝って壬生狼に挑戦したんねん』という気持ちでした。池田選手は強いしチャンピオンやと思うのですが、ただのチャンピオンやと思うので僕がチャンピオンになった方がこれからこのK-1グループをもっと上に持って行ける。ただのチャンピオンにはすぐに変わってもらおうと思います。

(下から突き上げるストレートを上手く使っていたが?)松谷選手は距離感が凄く巧くて、こっちが入ればその分下がる。パンチが当たりにくく、ディフェンスに特化した選手で負けないイメージがあって。その距離を誤魔化す上での変則的な入り方で、まず触らせない作戦でした。ただミドルを蹴られた時に腕が折れそうなぐらい痛くて無茶苦茶強かったです。

(出入りのスピードは速かったのは練習してきたこと?)そんなに練習していませんでしたが、5月からずっと積み重ねてきたことが出たのかなと。正直、三日月蹴りで倒せるかなと思っていて。昨年12月の橋本実生選手もサウスポーで、思いっきり腹を効かせて苦しませて倒そうと思って三日月蹴りを練習していて。その延長戦上に同じサウスポーの松谷選手がいて、これは使えるなと。それで三日月蹴りを出したら凄く出て良かったと思います。

(最終Rに苦しそうだったが気持ちが折れそうな場面は?)プレッシャー自体はしんどくなかったのですが、2R目すぐぐらいは息ができませんでした。ヒザ蹴りが嫌で何度か倒れようと思ったこともありました(苦笑)。(次は打ち合う試合をやりたい?)僕はこのグループの中心にいきたいと思います。昨日の試合内容では無理なので、もっと上げていけると思います。昔から僕のことを見ている人なら分かると思いますが、パンチ力1つにしても変わってきていて、まだまだ伸びしろしかありません。これからの僕に期待して下さい。

(ファンにメッセージ)いつも応援ありがとうございます。これから僕はこのグループの中心に行ってベルトを巻くというよりもKrush、K-1を背負ってトップの顔としてみんなに見られるような試合をこれからしていきたいと思うのでよろしくお願いします。あと、来週(椿原)龍矢は来週『K'FESTA.5』に出ます。僕と同じく倒せず、アウトボクシングスタイルで色々と言われてますが、来週は倒して勝てると思うので楽しみに応援してください」

 

選手登録