2022.03.21

 3月26日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.135」の[第2試合/Krush女子アトム級/3分3R・延長1R]で森川侑凜と対戦するMOEのインタビューを公開!

――2021年を振り返ってみて、どんな年だったと感じていますか?

「勉強で忙しかった1年ですね。自分の試合が1試合しかなかった分、チームのみんなのサポートには貢献できたと思います」

――今回、昨年5月以来の試合となりました。試合が決まった時の心境は?

「正直『久しぶりやなー』という感想が一番です」

――対戦相手の森川選手の印象を教えてください。

「ガンガン前に出てきますよね。”前へ前へのブンブン丸”さんって感じです」

――久しぶりという試合ですが、どんなテーマで臨みますか?

「今回は“マイペース”でいこうかなと。相手に触れさせずに一方的に勝ちます」

――先日6.25K-1女子大会の開催が発表されました。発表を聞いてどう思いましたか?

「素直に『すっげー!』って思いました」

――率直にK-1女子大会が開催されることをどう思いますか?

「チャンピオンを始め、引っ張ってくれる選手の皆さんがおるからできたことだと思います」

――K-1女子の魅力はなんだと思いますか?

「華がありますよね。強いのはもちろんですけど、選手の個性、いろいろな戦い方、気持ちの見せ方……K-1女子にしか見せられないものがあると思います。K-1はそういう選手の個性を上手く演出で引き出してくれるのも、選手としてはうれしいです」

――今回の試合に勝って、女子大会に繋げたいと思いますか?

「もちろん、あります。すごく出たいです。MOEも振袖の会見、待ってます(笑)」

――女子大会に向けてどんなところをアピールしたいですか?

「まずは強さ。しっかり勝って強いMOEをアピールします。あとは戦い方やテクニックなど、MOEの個性を見て欲しいですね」

――中村拓己プロデューサーは「みんなで創るK-1女子」という言葉を使っていましたが、どんなK-1女子にしていきたいですか?

「K-1以外の選手たちが見ても『すげえ!』って思うような大会ですね。一回見たらクセ担っちゃうような大会にしたいです」

――それでは最後にファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「約1年空きましたけど、その分ほんまに強くなってますんで、楽しみにしていてください!」

 

選手登録