2021.11.28

 11月27日(土)東京・GENスポーツパレスにて「Krush-EX 2021 vol.7」が開催された。
「Krush-EX」(クラッシュ・イーエックス)はキャリアが浅い・若い選手たちが経験を積む場として、2010年~2014年まで新宿FACEで開催されてきたイベントで、現在のトップファイターたちも鎬を削ってきたリングだ。
 昨年、約6年ぶりにイベントが再開されると、現Krushバンタム級王者・壬生狼一輝をはじめ、K-1のプレリミナリーファイトやKrush本戦にステップアップする選手を輩出してきた。
 そんな若い選手中心のEXで、今大会のメインイベントを締めたのは42歳の中平卓見だ。2020年1月からKrush参戦している中平だが、ここまで3戦3敗と勝ち星なし。この日は21歳・Krush初参戦の佐野勇海を迎え撃った。
 試合は佐野が開始直後から勢いよくパンチで攻め込むも、中平はガードを固めてローキック・カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)で反撃。1Rにダウンを奪うと、2Rに立て続けに3つのダウンを奪って、Krush初勝利をあげた。
 なお今大会の試合映像は28日(日)18:00~K-1公式YouTubeチャンネルにて配信予定。
☆全試合結果・写真・レポート
https://bit.ly/3xtdM3F

 

選手登録