2021.10.18

 10月18日(月)都内にて、12月18日(土)東京・後楽園ホール「Krush.132」の第1弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 9.24「Krush.129」後楽園ホール大会でKrush初参戦を果たした松谷桐が、再びKrushのリングに登場。今回は峯大樹とのKrushバンタム級ワンマッチに挑むことになった。

 他団体で実績を残し、鳴り物入りでK-1 JAPAN GROUPのリングに飛び込んできた松谷。Krushデビュー戦となった「Krush.129」では豊田優輝に判定勝ちを収めてその実力を見せつけたが、本人は不満な様子。「蹴り足をキャッチとかしちゃう癖があったんで、そういう癖を直したりとか、みんなからは倒すところを注目されていると思うんで、相手を倒せるような戦い方を練習しています」と、現在は豊田戦で見つかった課題の克服に取り組んでいるという。

 その9.24「Krush.129」ではバンタム級の試合が3試合組まれていた。いずれもアグレッシブで激しい試合だったものの、中村拓己プロデューサーはKOがなかったことを取り上げ「KOを見せてほしい」とファイターたちに要望。これは松谷本人も意識しているところで「自分でもすごく倒したかったんで倒せなかったことは悔しかった。見ている側からしても判定だったらつまらないと思うので、今回はしっかり倒しに行く試合をしに行こうかなと思います」と、峯との試合ではKOを狙うことを宣言した。

 対戦相手の峯は新幹線の人身事故の影響により会見に間に合わずに欠席。「K-1ルールだったら僕のほうが経験があるので、僕がK-1ルールの難しさを教えてやります。松谷選手のテクニックをパワーと気持ちでねじ伏せるので楽しみにしていてください」という力強いコメントを送ってきている。

 その峯について「そんな怖い攻撃があったりはないんですけど、気持ちが強い選手なんで気持ちでも自分も負けないようにやりたい」と語った松谷。「前回の試合で派手な技とか全然出せてないところがあったんで、やっぱなんでもできるっていうところをみんなに見てもらいたいです」と、全開の自分を見せることに意気込みを示していた。

松谷桐
「前回は倒せなかった分、今回しっかり倒して年内最後の試合を盛り上げようと思います。(前回のKrushデビュー戦を振り返って、良かったところと悪かったところは?)良かったところはあんまりないんですけど、悪かったところはKrushのルールにまだ慣れてなかったというのがあるんで、あと2カ月そこはしっかり練習して、直していきたいなと思います。

(今回の試合に向けてはどんな練習をしていこうと考えている?)やっぱり蹴り足をキャッチしちゃう癖があったんで、そういう癖を直したりとか、みんなからは倒すところを注目されていると思うんで、相手を倒せるような戦い方を練習しています。(峯選手の印象は?)そんな怖い攻撃があったりはないんですけど、気持ちが強い選手なんで気持ちでも自分も負けないようにやりたいなと思います。(今回は自分のどんなところを見せたい?)前回の試合で派手な技とか全然出せてないところがあったんで、やっぱなんでもできるっていうところをみんなに見てもらいたいです。

(中村PからもKOを見せてほしいというコメントがあったが?)やっぱり自分でも倒したかったんで倒せなかったのは悔しかったです。見ている側からしても判定だったらつまらないと思うので、今回はしっかり倒しに行く試合をしに行こうかなと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)今年最後の試合しっかり倒して盛り上げようと思うので、応援よろしくお願いします」

峯大樹
「ファンのみなさん、関係者のみなさん、本日は新幹線が止まってしまい、記者会見にできずに申し訳ありません。今年あと1試合したいと思っていたので、相手どうこうより試合が決まったことが嬉しかったです。松谷選手は他団体のベルトを持っているので強いと思いますが、K-1ルールだったら僕の方が経験があるので、僕がK-1ルールの難しさを教えてやります。松谷選手のテクニックをパワーと気持ちでねじ伏せせるので、楽しみにしていてください」

 

選手登録