2021.10.18

 10月18日(月)都内にて、12月18日(土)東京・後楽園ホール「Krush.132」の第1弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 現在のK-1も含めたK-1 JAPAN GROUPで激戦区と呼ばれる階級の一つがフェザー級だが、今大会でもKrushフェザー級のタイトルマッチが決定。王者の新美貴士が篠塚辰樹を挑戦者に迎え、3度目の防衛戦を行なうことが発表された。

 挑戦者の篠塚は今年3月の「K’FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会でK-1 JAPAN GROUP初参戦。同大会では第2代Krushフェザー級王者の小澤海斗に勝利し、9月のK-1横浜アリーナ大会では斗麗とスーパーファイトで対戦する予定だったが、怪我により欠場。今回は復帰戦となるが、小澤戦の勝利が評価されて、Krush王座への挑戦が決まった。

「凄え楽しみっすね」とタイトルマッチが決まった心境を語った篠塚。王者の新美については「体力があって、ずっと打ってくるけど華がないチャンピオン。なんで、やっぱ華がある自分みたいなのがチャンピオになったほうがいいと思うんで頑張ります」と挑発的なコメントも飛び出した。

 さらに篠塚は「新美選手と軍司がやった試合を見ても自分だったら倒せるなと思った」と、vs新美に関して自信たっぷり。チャンピオンベルトについては「とりあえず巻きたかったん」と思っていたそうだが、見据えているのはさらにその先だ。「K-1のベルトを獲るためにもとりあえずKrushのベルトも獲っておこうかなって感じです」と、今回のタイトルマッチを踏み台にして、K-1のベルト奪取も目論んでいる。

 王者の新美は昨年開催された第5代Krushフェザー級王座決定トーナメントで優勝して王座戴冠。今年に入ってからは斗麗、岡嶋形徒というかつて自身が敗れた選手を挑戦者に迎えて防衛戦を行ない、いずれも返り討ちにしている。しかし9月のK-1横浜アリーナ大会では軍司泰斗に敗北。今回は捲土重来を期して、Krushのリングに戻って防衛戦を行なうことになった。

「軍司戦の負けはいつもの負けと違って、自分にとって凄く意味のある負けだと思っているん。改めて課題を克服して、もっともっと強くなれるチャンスだと思っているので、そこをしっかり練習していきたいと思っています」と、軍司戦の敗北を糧にさらに進化しようという意欲を見せる。

 篠塚から「華がない」というコメントもあったが、新美は「華がある・ないは僕はどっちでもいい。僕は強さを求めてるんで、もっと強さを突き詰めていきたい」と意に介していない。プロボクシングでも実績を残してきた篠塚のパンチに関しても、「そんなにクリーンヒットとかはしないと思っているんで、そこは大丈夫かなと思っています」と強気な姿勢を見せる。

「圧倒的に勝ってベルトを防衛するので応援よろしくお願いします」と、チャンピオンとしての貫禄を見せて、2021年を締めくくる腹積もりだ。

 王者らしく静かに試合への意気込みを語る新美に対し、篠塚は会見の最後に音楽活動のイベントを告知。個性もキャラクターも全く異なる2人がKrushのベルトをかけて争う。

新美貴士
「篠塚選手と防衛戦が決まって、凄い噛み合う試合になると思うんで、絶対に勝って防衛したいと思います。(軍司戦を振り返って、防衛戦に向けてはどんな練習をしていきたい?)軍司戦の負けはいつもの負けと違って、自分にとって凄く意味のある負けだと思っています。改めて課題を克服して、もっともっと強くなれるチャンスだと思っているんで、そこをしっかり練習していきたいと思っています。(Krushのタイトルマッチとしてどんな試合をしたい?)倒して勝ちたいですね。やっぱり倒し合いが面白いと思うので。

(お互いのファイターとしての印象は?)パンチのテクニックとかあって、結構巧い選手かなって。スピードもあって、上手な選手かなという印象です。(華がないと言われたがそれについては?)篠塚選手は凄く面白い選手で注目度のある選手なんで、そこに勝てば僕もさらに注目されるのかなと思います。華があるないは僕はどっちでもいいんで。僕は強さを求めてるんで、もっと強さを突き詰めていきたいと思っているんで、そこは何も気にしないです。

(3度目の防衛戦だが、心境的にはこれまでとは変わる?)あまり3回目とか気にしてないんですけど、定期的に試合を組んでもらえることが本当にありがたくて。Krushでチャンピオンは必ず防衛戦なので、僕は定期的に試合を組んでもらえて、そのたびに強くなっていく姿を見せていければと思っています。

(篠塚選手のボクシング対策は?)Krushはパンチだけのルールじゃないんで。もちろんボクシングテクニックも大事なんですけど、僕もそんなにクリーンヒットとかはしないと思っているんで、そこは大丈夫かなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)圧倒的に勝ってベルトを防衛するので応援よろしくお願いします」

篠塚辰樹
「9月のK-1の試合、怪我で流れてしまってすいませんでした。その復帰戦でKrushのタイトルマッチのオファーをもらったんで、とりあえずKrushのベルトを巻こうかなと思って試合を決めました。応援よろしくお願いします。(タイトルマッチに挑む心境は?)初めてのタイトルマッチなんで、凄え楽しみっていうのはあるっすね。

(新美選手の突進ファイトを攻略するイメージは?)ジムで色々練習してるんですけど、そこでみんなと話して対策も考えてきているんで、今回はいい感じで行けると思います。(Krushのタイトルマッチとしてどんな試合をしたい?)自分はとりあえずっていうか、倒して勝ちたいのでって感じですね。(お互いのファイターとしての印象は?)印象は体力があって、ずっと打ってくるけど、華がないチャンピオン。なんで、やっぱ華がある自分みたいなのがチャンピオになったほうがいいと思うんで頑張ります。

(チャンピオンは3分3Rフルに打ち続けるスタミナがあるが、自分のスタミナについては?)新美選手みたいに体力があるわけじゃないんで、最初から倒しに行こうかなと思っています。3分3Rを戦うつもりはないです。(独特な戦い方についてはどう思う?)いや、いいんじゃないですかね? 頑張ってるな、みたいな。特に何も思わないです。

(初めてのタイトルマッチだが、ベルトに対する欲は今までもあった?)ベルトはとりあえず巻きたかったんで。K-1のベルトを獲るためにもとりあえずKrushのベルトも獲っておこうかなって感じです。(パンチ対策はされてくると思うが、それ以上の武器はある?)対策してもしきれないと思うんで。この前の軍司との試合を見ても自分だったら倒せるなと思ったんで。(ファンの皆さんへのメッセージは?)とりあえずKrushのベルトを巻こうと思っているんで応援お願いします」

 

選手登録