2021.09.22

 9月24日(金)東京・後楽園ホールにて開催される「Krush.129」の[第1試合/第6代Krushライト級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R]で対戦するSEIYAと鈴木孝司のコメントを公開!

SEIYA
「(今回の試合に向けて)怪我が重なっていたので、前回の試合後に足の手術をしました。それから強度の高い練習ができるようになりコンディションを上げてきました。(対戦相手の印象は?)鈴木選手には2018年12月に1度対戦して勝っていますが、その時より強くなっていると思うので気を引き締めて準備しています。(この試合のテーマは?)ダイナミックに戦うことです。約2年の間、勝利から遠ざかっているのでより貪欲に勝ちにこだわります。(どんな試合をして勝ちたい?)第1試合なのでアグレッシブに攻めて会場の熱気を一気に上げたいと思います。(今回の試合で自分のどこをお客さんにアピールしたい?)連敗しているにも関わらず、リザーブマッチに抜擢していただいたので、感謝を込めて実力を証明します。(ファンのみなさんにメッセージ)僕は2015年にKrushでデビューさせていただきました。Krushのベルトへの思いは誰よりも強いので決勝の舞台に上がれれば全力でベルトを獲りにいくよう覚悟を持って闘います」

鈴木孝司
「(今回の試合に向けて)今回の試合に向けてというより、トップ選手と戦うために前回の試合が終わって3日後から、すぐ練習を再開して追い込んできました。(対戦相手の印象は?)蹴りが強い。(この試合のテーマは?)KO決着で勝つ。(どんな試合をして勝ちたい?)武器はいくつか揃ったので、その武器で決める。(今回の試合で自分のどこをアピールしたい?)常に倒しに行く姿勢。(ファンのみなさんにメッセージ)3分3Rかけて倒しにいきます。楽しみにしていてください」

 

選手登録