2021.08.22

 8月22日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.128」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合では、これがKrush2度目の参戦となる大野祐志郎が登場。Krushスーパー・ライト級ワンマッチで斉藤雄太と戦い、1Rにカウンターの左ストレートでダウンを奪われながらも挽回し、3R1分28秒、右ストレートで見事なKO勝利を飾った。

 これでKrushでは2戦連続のKO勝利となった大野。「自分が1RでKOするという気持ちが強すぎて1R目からガチガチになってしまって」と力みすぎたことで、序盤は自ら苦境を招き入れてしまった。しかし、結果としては見事な逆転KO勝利。セコンド陣からも「Krushらしい戦いができたと言ってもらえた」と高い評価ももらうことができた。

 試合前には怪我をしていたことを告白した大野だが、「怪我は絶対につきもので、みんなどこかしら傷めているところでの出場で、今回は周りの意見を押し切って参戦しました」と不屈の闘争心でリングに上がってのKO勝利。試合後には中村拓己プロデューサーから「長い」と釘を刺されたマイクアピールで、12.4K-1大阪大会への参戦とかねてより熱望していた大和哲也との試合も訴えた。

「そこはブレずに貫き通していきたいなと思っていて、その気持ちが大和哲也選手に届けばなというところですね。もし、実現するならば必ずいいもの、いい試合を作ってみせます」と自信たっぷりに再度アピール。

 35歳のベテランだが、「気持ちは前しか見てないんで、毎日精進して強さを探求していくので、必ず面白い試合をする楽しみな選手の一人に皆様の中で加えていただけたらなと思います」と、K-1 JAPAN GROUPのリングでさらなる前進を続けていくことを宣言していた。

大野祐志郎
「昨日の試合なんですけども、結果3RKOで終えることができて、一安心しています。内容の前に先程、中村プロデューサーからマイクが長いよと(苦笑)。終わった後にセコンド陣であったり応援に駆けつけてくださった皆さんにもSNS等でも言われて、進行の妨げにもなってしまったかなということで自分も少し反省しています。

 試合内容に関してなんですけども、対戦相手の斉藤雄太選手の試合動画を見て研究していく中で、試合後のインタビューでも話した通りなんですけども、自分のイメージ通りで。ただ、自分が1RでKOするという気持ちが強すぎて1R目からガチガチになってしまって、終盤にダウンをとられて。そこで気持ちが焦って3R目にまで行ってしまったっていうのがいけなかったかなというところで、めちゃくちゃ怒られました。まあ、KO勝ちというところで結果を残せた、Krushらしい戦いができたと言ってもらえたので、そこは評価したいと思います。

(次の試合に向けてどんな準備をしたい?)正直、今回の試合なんですけど、怪我などで全然万全の状態じゃなかったんですよね。練習も全くできない状態で、そんな中、試合に出るのもどうかって悩んだんですけども、逆に万全の状態で出られる選手のほうが少ないなとずっと考えていて。

 怪我は絶対につきもので、みんなどこかしら傷めているところでの出場で、今回は周りの意見を押し切って参戦しました。とりあえずはその傷を癒やして、次戦に向けて自分の中で課題が見つかったところがあるので、そこを修正していきたいと思います。

(12月のK-1大阪大会出場と大和哲也選手との試合をアピールしていたが、改めてどういう気持ちがある?)そこはブレずに貫き通していきたいなと思っていて、その気持ちが大和哲也選手に届けばなというところですね。もし、実現するならば必ずいいもの、いい試合を作ってみせます。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援に駆けつけてくださった皆様、ABEMAで応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。第1回出場の際もそうなんですけども、SNS等で反響が大きくて、それが凄く力になっています。今後も年齢がどうとかあると思うんですけど、気持ちは前しか見てないんで、毎日精進して強さを探求していくので、必ず面白い試合をする楽しみな選手の皆様の中の一人に加えていただけたらなと思いますので、今後とも注目してください。お願いします」

 

選手登録