2021.08.05

 8月5日(木)都内にて、「Krush.129」9.24(金)後楽園大会の第2弾カード発表会見が行なわれた。

 盛り上がるK-1 JAPAN GROUPのバンタム級戦線にまた一人ニューカマーがやって来る。キックボクシングでチャンピオンになるなど他団体で実績を積んできた松谷桐が、今大会でKrush初参戦を果たす。対戦相手はK-1カレッジ2019王者の豊田優輝だ。

 松谷は先月から卜部功也が昨年オープンしたジム、ALONZAの所属選手となり、そのプロ選手第1号となる。「5月にK-1でバンタム級日本最強決定トーナメントを開催して、バンタム級で戦いたいという選手が増えている状況で、実力者の松谷選手がK-1・Krushに乗り込んできてくれたことは非常に嬉しく思っています。松谷が入ったことでバンタム級の勢力図も変わってくると思います」と、中村拓己K-1プロデューサーも期待を寄せている。

 その松谷自身も終始ニコニコした面持ちで、対戦相手の豊田を目の前にしても、「凄い気持ちのある選手だと思うんですけど、全てにおいて自分のほうが上だと思っているんで、圧倒して勝ちたいと思っています」と自信たっぷり。「バンタム級は層が厚いですし、強い選手が多いんですけど、自分はそこで一番になれると思うんで、この前トーナメントで優勝した黒田選手よりも自分のほうが全然強いと思っているんで、今回しっかり勝って、黒田選手と対戦したいなと思っています」とバンタム級の主役獲りを堂々と宣言した。狙うはK-1の舞台。「K-1で一番を獲ろうと思っています」と、その大きな野望を隠そうとしない。

 松谷初参戦の相手に選ばれた豊田は、K-1バンタム級日本最強決定トーナメントではリザーブファイトに出場し、大石和希に勝利を飾っている。「バンタム級が盛り上がってるんですけど、自分もその勢いに乗り遅れないようにここは絶対に勝って、勢いに乗ってやろうかなと思っています」と、バンタム級のムーブメントに自分も乗ろうとモチベーションも高い。

 自身はK-1のアマチュア出身でこれまでもK-1 JAPAN GROUPで戦ってきた。その誇りもあって、「他団体で実績があるんですけど、K-1 JAPAN GROUPで戦ってきた自分のほうがキャリアは上なんで絶対に負けられないと思っています」と、ニューカマーの松谷の踏み台になるつもりはない。「圧倒圧倒って言っているんですけど、僕は絶対にそうはさせない」と、K-1 JAPAN GROUPのリングで戦ってきたアドバンテージを活かし、チャンスをものにすることを誓っていた。

松谷桐
「Krush、K-1ファンの皆さん、はじめまして。ALONZA ABLAZE所属の松谷桐です。今回、卜部功也会長のジムに移籍をして、こういう華のある舞台で戦っていけるということで、今回の試合はしっかり勝って、自分がバンタム級を引っ張っていけるように頑張ります。(Krush初参戦が決まった時はどんな気持ちだった?)自分はKrushを昔から見てて、凄く憧れていた舞台なんで、Krushで戦えることを嬉しく思います。

(対戦相手の印象は?)凄い気持ちのある選手だと思うんですけど、全てにおいて自分のほうが上だと思っているんで、圧倒して勝ちたいと思っています。(近々ではMOMOTAROがK-1初参戦で負けたりと、他のキックボクシングとルール的にも雰囲気も違うと思うが、対応に関してはどう考えている?)やっぱり自分が出ていた試合とは戦いのテンポとかスピード感が全然違うと思うんですけど、今それを卜部功也会長にいろいろ教わって、K-1ルールにも対応できるようにしっかり練習しているんで、全然そこは問題ないと思います。
(バンタム級は非常に盛り上がっているが、もしトーナメントを見ていたら、レベルや選手層についてはどう考えている?)やっぱバンタム級は層が厚いですし、強い選手が多いんですけど、自分はそこで一番になれると思っています。この前トーナメントで優勝した黒田選手よりも自分のほうが全然強いと思っているんで、今回しっかり勝って、黒田選手と対戦したいなと思っています。

(初参戦でどんなインパクトを残したい?)今回レベルも全然違うんで、自分のほうが全然上なんで、圧倒して何もさせないで勝とうと思っています。(目指すはK-1の舞台?)そうですね。K-1の舞台というか、K-1で一番を獲ろうと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)圧倒させないって言われたんですけど、絶対圧倒して勝って、自分がバンタム級を引っ張っていける選手になれるように頑張るんで、これから注目して応援してください」

豊田優輝
「今、バンタム級が盛り上がってるんですけど、自分もその勢いに乗り遅れないようにここは絶対に勝って、勢いに乗ってやろうかなと思っています。対戦相手は他団体で実績があるんですけど、K-1 JAPAN GROUPで戦ってきた自分のほうがキャリアは上なんで絶対に負けられないと思っています。

(対戦相手の印象は?)松谷選手は巧いし、一発一発踏ん張って打ってパワーがあるなとは思います。でも、それに負けないように自分も練習してやっていきたいと思います。(松谷選手は『K-1ルールにも対応できる』と言っているが?)いや、対応されたとしても経験は自分のほうが上ですし、経験が物を言うと思うんで、絶対に落とせない試合です。しかも、勝ったらオイシイ試合なんで、松谷選手は僕の試合をやってもメリットがないのに受けてくれたんで、これは絶対に落とすわけにはいかないと思うんで、絶対に勝ちます。
(どういうフィニッシュを考えている?)自分の良さである何でも出せる引き出しから何個か出して、倒したいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)相手の選手は圧倒圧倒って言っているんですけど、僕は絶対にそうはさせないんで、このバンタム級の勢いに乗り遅れないように頑張るんで、皆様、応援よろしくお願いします」

 

選手登録