2021.08.03

 8月7日(土)東京・GENスポーツパレスにて開催される「Krush-EX 2021 vol.4」の[第2試合◎Krushライト級/3分3R]で対戦する井上修一と新太のコメントを公開!

井上修一
「(この試合が決まった時の心境は?)非常に嬉しい気持ちになりました。Krush-EXは成り上がりたいという野望を発揮する場だと考えています。チャンスをくださった運営の方々に対しても、勝って期待に応えたいです。(対戦相手の印象は?)能力的な事はよくわかりません。ただ、現在私と同い年(26歳)で、デビュー戦だと考えると、格闘技に対する想いは強いと伺えます。(この試合に向けて)メンタルを鍛え上げました。私はよく『人に優しい』と言われるのですが、それが仇となって自分にも甘くなって勝てない状態が続いていると思います。その為、優しさという殻を打ち破って鬼と化す練習をしました。(どんなKO・勝ち方をしたい?)応援してくださる方がよくやったと思える勝ち方です。今まで負けてきても努力は実ると感じていただきたいです。(自分のアピールポイントは?)最後まで諦めないハート、勝ちに拘る執念です。リング上で私はウルトラマンですので、相手を恐れずに真向勝負します!(これからの目標は)まずは勝って連敗脱出、そして年内にもう1勝したいです」

新太
「(この試合が決まった時の心境は?)デビュー戦が決まり、率直に嬉しかったです。こんな僕にチャンスをくださった主催者のみなさん、ありがとうございます。この頂いたチャンスを活かそうと思います。(これまでの格闘技歴は?)小学1年から大学4回生まで名門校で伝統派空手をやっていました。キック歴はまだ浅く、24歳のときにキックボクシングを始めて『格闘代理戦争』に皇治軍団として出場しました。代理戦争ではあまりアピールできなくて悔いの残る結果でしたが、代理戦争後にK-1ジム心斎橋に所属して、宍戸代表の元で一から鍛え直して頂き『第35回K-1アマチュア』チャレンジAクラスで優勝することができました。(対戦相手の印象は)特にないです。ウルトラマン君ですかね。この試合に向けて、一から気持ち・メンタル面を鍛えなおしました。試合では気持ちを見せて勝ちたいです。(自分のアピールポイントは?)気持ちを見せる戦いをすること、見ている方々に勇気や希望、感動を与えれるfightをすることです。(これからの目標は)K-1に出場することです。そして一戦一戦見ている方に勇気や希望、そして感動を与えられる選手になることです」

 

選手登録