2018.10.29

 10月29日(月)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、11月21日(水)東京・後楽園ホール「Krush.94」の[Krushフェザー級/3分3R・延長1R]で対戦する三輪裕樹と栗秋祥梧が意気込みを語った。

 Krush10周年記念大会の追加カードとして発表され、大きな反響を呼んでいる三輪と栗秋の一戦。今回がKrush初参戦になる栗秋は23歳にして49戦33勝(15KO)13敗3分のキャリアを誇り、九州を中心に活躍して5本のベルトを獲得。現在はクロスポイント吉祥寺に所属し、10月の試合でも勝利を収めている。

 これまでキックボクシングやムエタイルール(ヒジ打ち・首相撲ありルール)で試合を続けてきた栗秋だが、Krush10周年記念大会でKrushルールでの戦いに臨むことになった。対する三輪はK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属を変え、今年に入ってKrushで2連勝を収めている。三輪にとって栗秋は過去最強クラスと言っても過言ではない相手だ。

栗秋祥梧
「今大会に向けてしっかりKrushルールで戦えるように練習して、相手も良い選手なのでKrush初参戦でインパクトを残す試合をしたいと思います。(オファーを受けた時の心境は?)迷いは一切なくて、直感で出てみようと思って参戦を決意しました。(K-1 JAPAN GROUPのイベントの印象は?)SNSでよく見ていたのですが、盛り上がっていて良い大会だなと思っていました。

(対戦相手の印象は?)パンチとローの選手かなという印象です。しっかり自分もそこに向き合って、冷静に対処してKOを狙っていきたいと思います。(練習環境・所属がクロスポイント吉祥寺に変わって)練習についていけないですね(苦笑)。どの選手もレベルが高くて九州にはいないレベルの選手なので。でもいい練習ができるプラス自分自身も強くなれているかなという気がします。

 自分は戦い方が自由で、その時その時で戦い方も試合に向けた気持ちも違います。今回は気持ちで負けないように戦います。(ファンにどんな姿を見せたい?)自分は九州男児なんで、九州の皆にもこうやってKrushに参戦できて高みを目指しているところを知ってもらいたいです。(今後の目標は?)早いうちにK-1チャンピオンの村越優汰選手とも戦いたいので、応援よろしくお願いします。Krush初参戦で面白い試合をするので、会場のみなさんも盛り上がっていきましょう」

三輪裕樹
「Krushの10周年大会に出られることに感謝しています。相手はキャリアもあって強くてイケメンなので倒したいですね。練習に身が入っています。試合が決まったのは最近ですが、その前からガンガン練習していました。山崎秀晃の兄貴ににボコられました(苦笑)。栗秋選手は山崎さんよりは弱いと思うんでぶっ倒します。(対戦相手の印象は?)ムエタイスタイルでテクニックもスピードもある選手だと思います。冷静には戦わせないつもりでいきます。

(初参戦の栗秋を迎え撃つ心境はある?)相手の方が格上で、自分がチャレンジャーなので迎え撃つという気持ちはないです。自分がやりたいことをやって倒したいです。(注目されている栗秋を倒して上を目指したい?)僕は先のことは見ていません。今の目の前の試合に全部かけています。この試合の先をどうとは何も考えてないです。周りからも『目の前の敵を倒せば先が見えてくる』と言われているので、それだけです。俺は俺にしかできない戦い方で10周年大会を盛り上げます」

 

選手登録