2018.06.02

 6月1日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、7月22日(日)東京・後楽園ホール「Krush.90」の第二弾対戦カードが発表された。

 Krushと中国の格闘技イベント「武林風」の精鋭7選手が対抗戦で激突する今大会。対抗戦以外でも注目カードが続々と決定している。

 5月のKrush後楽園大会で元スーパー・ライト級王者 寺崎直樹をKOして連敗から脱出した松下大紀が7月大会にも参戦。16戦11勝(4KO)4敗1分の戦績を誇り、今回がKrush初参戦となるジョージと対戦することが決まった。

 会見に揃って出席した両者は最初の写真撮影でいきなりフェイス・トゥ・フェイスの視殺戦を展開。ジョージが「試合当日はがっちり殴り合って、思いっきりぶん殴ってやる」と言えば、松下も「こっちもボコボコにぶん殴って圧勝する」と通告し、激闘の匂い漂う記者会見となった。

ジョージ
「今回がKrush初参戦になります。関係者のみなさんありがとうございます。Krushは誰が見ても面白くて、見ている人たちに感動を与えるリングです。そういうリングに上がることを意識して、当日はばっちりKOして、もっともっと上のステージに行きたいと思います。

(対戦相手の印象は?)アグレッシブでガンガン前に来て殴り合って倒すイメージです。そこは自分もそういうタイプなんで面白い、噛み合う試合になると思います。自分が松下選手と試合を組まれたということは、“そういう”ことだと思うので当日はがっちり殴り合って、思いっきりぶん殴ってやろうと思います。

(自分のどこをKrushファンに見てほしい?)自分はテクニシャンってわけでもないんで、根性を出して殴りっこしてどっちが強いかを決める。そういう試合を見るのが好きだし、そういう試合をしたい。殴り合いは得意じゃないですけど、隙が合ったら倒しに行くんで、試合が盛り上がればいいかなと思います。こうやって大好きな格闘技をやれているのは応援してくれる皆やサポートあってのことです。みなさんに失礼のないように当日は思いっきりぶん殴ってやろうと思います」

松下大紀
「前回いい勝ち方をして、すぐに試合を組んでもらえてうれしいです。試合間隔がない分いい動きが出来ると思うので期待してください。K-1ジム川口は広くいて綺麗なジムで、自分も連敗を脱出したので、これから新しい気持ちで一番目立てればいいなと思います。

(対戦相手の印象は?)試合が決まるまでどんな選手か知らなかったんですけど、知らないからどうのは言っていられません。これから映像を見て研究して確実に仕留めます。(ジョージの「ぶん殴ってやる」発言に対して)しっかりこっちもボコボコにぶん殴って圧勝したいと思います」

 なお松下はこれまで所属していたNPO JEFAの沼尻代表がK-1ジム川口の代表に就いたため、今回の試合より「K-1ジム川口TEAM SIRIUS」所属として試合をすることとなった。(※SIRIUS=一番輝く星の意味)

 

選手登録