2017.02.21

 3月3日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.74」の[Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント・一回戦]で大沢文也と対戦する稲石竜弥のインタビューを公開!

――Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦は安保璃紅選手に僅差の判定負けでした。稲石選手はあの敗戦をどのように捉えられていますか?

「自分では負けたとは思わなかったんですけど…終わってしまったものはしょうがないし、次の試合は誰が見ても勝ち負けが分かるような試合をして勝ちます」

――敗戦の直後に次期挑戦者決定トーナメントのオファーが来て、参戦が決まった時はどんな心境でしたか?

「またチャンスが巡って来たので嬉しかったですね。安保戦のダメージも全くなかったので、すぐに練習も再開して、早く次の試合が決まらないかなと思っていました。なので-60kg次期挑戦者決定トーナメントに向けて頑張ろうと思ってやっています」

――次期挑戦者決定トーナメント一回戦の対戦相手が大沢文也選手に決まりました。大沢選手にはどんな印象を持っていましたか?

「戦い方が上手い感じがしますね」

――上手い相手に対する戦い方や勝つための攻略法などは、どのようにイメージしていますか?

「自分の距離で戦うことを意識すれば自然とKOに繋がっていくと思います」

――今回は自分の戦い方で倒すことがテーマなのですね。

「そうですね。自分の距離で戦ってKOしたいと思います」

――稲石選手は昨年からKrushに参戦しています。Krushのリングで戦ってみて、どんな感想がありますか?

「Krushは独特の雰囲気があって楽しいですね。なのでKrushで戦うのは好きです」

――次期挑戦者決定トーナメントを勝ち抜けば、Krush-60kgのタイトルを獲得するチャンスも巡ってきます。今、Krushのベルトに関しては、どんな想いがありますか?

「一旦遠ざかってしまったKrushのタイトルを獲るチャンスが巡ってきたので、今度はチャンスを逃さずにベルトを獲ろうと思って気持ちを引き締め直しました。なので闘争心に火が点いていますよ」

――改めて今回のトーナメントでKrushファンに、自分のどんな所を見てほしいと思っていますか?

「お客さんには、この前の試合も『いい試合だった』と言ってもらったんですけど、今度はもっといい試合をします。Krushに参戦してから、まだKO勝ちがないので倒す姿をファンの人に見せたいですね。KOで試合が決まれば盛り上がると思うので、前回以上にいい試合をして勝ちたいと思います」

 

選手登録