K-1がGMOインターネットグループのNFT事業にコンテンツ提供 新会社「GMO アダム株式会社」設立会見に武尊・中村拓己プロデューサーが出席

2021.06.16

 この度「K-1 WORLD GP」・「Krush」・「KHAOS」・「K-1アマチュア」・「K-1甲子園・カレッジ」を運営する株式会社M-1スポーツメディアはGMO アダム株式会社が運営するNFT事業「Adam byGMO」にコンテンツ提供する運びとなりました。

 NFTとはNon-Fungible Tokenの略称で、イーサリアムのブロックチェーン上で構築できる代替不可能なトークンを差します。NFTとしてゲームのキャラクターや映像・音楽などを発行し、それをユーザー間で売買・譲渡することで、二次流通マーケットの手数料から発行者・著作者に還元されるというものです。
 
 過去にNFTを活用とした事例として、2017年に発売されたデジタルアート「CyptoPunks」は約8億1400万円を売り上げ、アメリカのプロバスケットボールNBAのNFTトレーディングカードゲーム「NBA Top Shot」は245億円の売り上げを記録しており、NFT技術は様々な分野で注目を集めております。
 
 GMOインターネットグループは真正性と安全性の高いデジタルコンテンツの決済・流通を実現し、NFTを活用したコンテンツ流通革命を支援するため、出品者・購入者双方にとって圧倒的に使いやすい UI/UX を実現するマーケットプレイスとして「Adam byGMO」の開発を進め、「Adam byGMO」の運営・事業会社として「GMO アダム株式会社」を2021年6月16日(水)に設立することとなりました。
 
「Adam byGMO」はNFTにおける圧倒的 No.1 のマーケットプレイスを目指し、8月に提供開始を予定しており、株式会社M-1スポーツメディアは「Adam byGMO」にK-1コンテンツの提供を計画しております。
 
 つきましては6月16日に行われた「GMO アダム株式会社」設立会見にK-1スーパー・フェザー級王者の武尊選手、K-1中村拓己プロデューサーが出席。お笑い芸人で絵本作家の西野亮廣さんやアーティストで歌手のまふまふさんと並び、「K-1のNFTにおける可能性」をテーマにしたスペシャルトークセッションに参加しました。

中村拓己プロデューサー
「僕たちは2014年の11月にK-1実行委員会を作って、新しいK-1を運営してきて、自分たちがやっている試合や大会をどうファンの皆さんや見ている人たちに伝えるか。そこに力を入れていて、そういった中で新しいトレンドだったり、技術やテクノロジーを取り入れてやってきました。今回、ブロックチェーン、NFTのお話を聞いた際に、今まで僕らがやってきたこと以上のことがこのNFTを通してできるんじゃないかなと思って、凄くワクワクしました。NFTではNBAのデジタルトレカが凄く人気で、スポーツとNFTは凄く相性がよくて、K-1もNFTを通して新しい可能性というか、まだまだ僕たちが伝えきれてない魅力や面白さを皆さんに見せられるんじゃないかと思いました。そしてそれをGMOさんと一緒に取り組んでいけることが嬉しいです。

(K-1が今後、試合の中継や配信などで取り組んで行く演出で、NFTと相性が良さそうなアイデアなどは?)僕らはリングの中での戦いをどう見せるか? そこがファンの皆さんに一番楽しんでもらえるところだと思っています。例えば360度カメラの小型ドローンを使って試合の模様を撮ったり、リングの真上から試合を撮った時に今までとは違う映像を皆さんに届けられたりとか、凄くいろんなことができるのかなと思っています。

 K-1やスポーツの楽しみ方は3つあって、1つめは人・選手・チームを好きになる楽しみ方、2つめは試合の結果、どっちが勝つか負けるか? 勝ったらどうなる、負けたらどうなるという勝敗の楽しみ方。そして3つめが試合の内容・選手の技術やプレイ内容を楽しむ楽しみ方。NFTを通して、その3つそれぞれの楽しみ方を皆さんに提供できるんじゃないかと思っています」

武尊
「(これまで印象的な試合やKOをいくつも見せてきたが)判定決着は一般の人はわかりにくくて、やっぱりどちらかが倒れている図式が一番わかりやすいし、KOは一番心に残るというか、試合の勝敗よりも残るものなんで、僕はそれを意識した戦いをするようにしています。このNFTを通して選手の魅力だったり、一人ひとりの試合スタイルだったり、選手の性格も違うし、もっともっと人に伝えたいというのはありますね。あとはK-1だけじゃなくて格闘技界全体を盛り上げていきたいという気持ちがあるんで、こういう事業を通して、一緒に格闘技界を盛り上げていけたらいいなと思っています」

 株式会社M-1スポーツメディアはK-1 JAPAN GROUPとして「K-1 WORLD GP」をはじめとするプロイベント、アマチュア大会、ジム事業を展開し、立ち技格闘技K-1を競技として確立させる一方、インターネットを通じた従来にはなかった大会中継・コンテンツ配信、PPV配信にチャレンジしてきました。
 
 当社は、NFTを通じてコンテンツビジネスに革命を起こそうとしているGMO アダム株式会社と協力し、NFT事業におけるK-1コンテンツの可能性を探り、新時代のコンテンツ創りに挑戦していく所存です。

 我々は日本発の立ち技格闘技K-1を格闘技の枠を超えたメジャースポーツに成長・発展させることで“100年続くK-1”を目指していきます。

 

選手登録