2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 第8試合のK-1女子アトム級で森川侑凜に判定勝利を納めた奥脇奈々。K-1初参戦を勝利で飾った奥脇はホッとした表情を浮かべつつ、周囲からは「内容が酷かったので『全然ダメ』って会った瞬間にダメ出しされました」と苦笑い。

「1R、2Rは結構蹴れて自分のペースに持って行けたんですけど、久々の3分3Rをやって少し自分がばててしまった」とスタミナ不足が反省点と振り返った。今後もK-1 GROUPへの継続参戦を表明し「強い選手と戦って上を目指していきたい」と、再び大舞台へ登場するべくさらなる活躍を誓った。

奥脇奈々
「昨日は対抗戦として、K-1女子に乗り込む、K-1初戦を勝利で飾ることができてよかったです。(試合の反響)勝てたことは、とりあえず勝ててよかったと言われたんですけど、内容が酷かったので『全然ダメ』って会った瞬間にダメ出しされましたね。(試合の中でよかった点、反省点など)1R、2Rは結構蹴れて自分のペースに持って行けたんですけど、久々の3分3Rをやって少し自分がばててしまった場面があって、3Rに相手のペースに少し飲み込まれてしまってちょっとガチャガチャになってしまったと思います。

(メインの感想)自分はいまだに一回も倒せていないので昨日の多いな舞台で、メインでしっかり倒せることができるのは本当にすごいことだと思っています。(K-1での目標、女子大会の展望)今後もK-1、Krushに継続参戦させていただけたら強い選手と戦って上を目指していきたいと思ってますし、昨日の試合を見てK-1女子は選手層も厚いので、またこのような大会をできるように頑張っていきたいと思っています」

 

選手登録