2022.01.24

 1月24日(月)都内にて、2月27日(土)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第4弾カード発表記者会見が行われた。既に出場選手4人が発表されていた第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントの残りの出場4選手と、トーナメントの組み合わせが発表された。

 今回のK-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントは、当初外国人選手を海外から招聘して行なう予定だったが、新型コロナの水際対策の延長によりそれを断念。改めて日本人選手や日本在住の外国人選手の中から選考した結果、黒田勇斗、一航、鬼山桃太朗、内田晶の4人がエントリーされることになった。

 中村拓己K-1プロデューサーは前回の会見で「K-1 JAPAN GROUPと契約をしていない選手からも幅広く募集する」とトーナメント出場選手を募集。多くの選手が名乗りを挙げる中、実績・キャリアを考慮して選ばれたのが一航だった。一航はWBCムエタイ日本統一バンタム級、NJKFバンタム級、WMCムエタイ日本バンタム級という3つのベルトを獲得し、キックボクシングとムエタイのリングで実績を残している実力者だ。

 そして、今回トーナメントにエントリーされている現Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武と共に、昨年開催された第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場した選手の中から、黒田、鬼山、内田の3人が実力などを加味して選出された。

 一回戦の組み合わせも金子晃大vs勇斗(一回戦・第1試合)、璃明武vs一航(一回戦・第2試合)、玖村将史vs鬼山(一回戦・第3試合)、佐々木洵樹vs内田(一回戦・第4試合)に決定。先に発表された金子、璃明武、玖村、佐々木の4人が“K-1スーパー・バンタム級四天王”としてクローズアップしているが、いずれもKrushのベルトを巻いてきた実績の持ち主たち。この四天王たちに後に発表された黒田、一航、鬼山、内田が挑むという図式でトーナメントは組まれた。

 まず一回戦の相手が黒田に決定した金子は「日本人ということで相手が決まったんですけど、自分が求められていることは分かっているんで、そこを試合で出していきたいと思っています」と落ち着いたコメント。「理想としては1試合1試合、今後も見ている人の記憶に残るようなKOを作っていきたいなと思っています」と、インパクトを残しての優勝を宣言していた。

 対する黒田はK-1のスーパー・バンタム級トップ戦線で戦ってきた金子に対して、「パワー、スピード、テクニック、全ての能力が高いと思うんで、一回戦に全てを懸けて一泡吹かせられるように頑張ります」と番狂わせを誓う。「もちろん3試合KO勝ちが理想ですけど、僕は一回戦に全てを懸けて、一回戦を絶対に勝ちに行きたいと思っています」と、対金子戦に全力を注ぐ腹づもりだ。

 一回戦・第2試合は現Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武が、他団体で実績を残してきた一航を迎え撃つ。「Krushのチャンピオンとして、こんなにレベル差があるのかという試合をして圧倒したいと思っています」と意気込みを語った璃明武。今大会はボクシングに転向した武居由樹がテレビ解説を務めることも発表されたが「圧倒的な実力で勝って、武居選手が張ってきた時は自分はまだトップ戦線にいなかったんで、しっかりチャンピオンになって、自分のほうが武居選手より強いと思われたいですね」と、前K-1スーパー・バンタム級王者の前で新たな力を見せつける。

 この璃明武と対峙する一航は主戦場がムエタイルールとあってヒジなしルールでの経験は少ないが「ヒジなしルールを最近は練習していて、ヒジがあってもなくてもスタイルを変えられるので、どのルールでも対応できるように練習はしています」と自信を見せる。当日は青コーナーに立ち、四天王の一角に挑むという図式となるが、「相手が注目を浴びているほうが自分は楽しいので、その雰囲気を楽しんで勝って、自分のほうが強いことを証明したいと思います」と、初参戦のK-1のリングにも臆するところはないようだ。

 一回戦・第3試合には今回のトーナメントの優勝候補と呼び声の高い玖村が登場。優勝候補と言われるプレッシャーもなく、「みんな僕とやる選手は決勝戦のつもりで戦ってほしいです」と堂々としたコメントも発した。このK-1スーパー・バンタム級王座は初代が武尊、2代目が武居とK-1の顔となった選手たちが巻いてきたベルトだ。「K-1のチャンピオンになったら他の階級の人たちとも比べられると思うので、他の階級のチャンピオンにも負けないような圧倒的な、K-1の中でパウンド・フォー・パウンドになれるようなチャンピオンになろうと思っています」と、1階級のチャンピオンにとどまらず、高い志を持って今回のトーナメントに挑む。

 対する鬼山はBigbangスーパー・バンタム級王者でもある超アグレッシブファイター。昨年Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントの決勝で璃明武に敗れベルトを逃したが、「一回戦から優勝候補の玖村選手と出来てラッキーだなと思います。一回戦で玖村選手を倒して、番狂わせを起こしたいですね」と、優勝候補との激突に燃えている。トーナメントに最初はエントリーされずに悔しい想いもした。「日本人選手が4人発表された時の盛り上がりだったりを外から見てて、純粋にめちゃくちゃ悔しかったし、何より実力のなさが一番悔しかったんで、試合当日はその悔しさを全部ぶつけたいと思います」と、トーナメント制覇で屈辱を晴らすことを誓う。

 一回戦最後の試合は佐々木と内田の激突だ。佐々木はK-1 JAPAN GROUPのリングでデビュー以来、未だ6戦無敗の戦績を誇る。17歳でプロボクサーとしてデビューしているため格闘技のキャリアは長く、「パンチ・蹴り、今までのキャリアで覚えた技を全て出そうと思っています」と集大成のつもりでトーナメントに参戦。また、ボクシングに転向した武居は同じPOWER OF DREAMで苦楽を共にした仲。「この間練習している時も『武尊、武居、佐々木でお願いします』って言われたんですけど、『なんか弱いっすねえ』っていう話をしてたんですよ。まあ獲って、これから武尊、武居、佐々木になれるように、まだ弱いっすけど頑張ります」と盟友が返上したベルト奪取に意欲を燃やす。

 この佐々木と戦う内田は仙台在住のファイターだが、昨年Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントの一回戦で優勝候補と言われた小倉尚也を倒して、一躍ブレイクした。「自分が勝つとは多分9割以上思ってないと思うので、そこを自分が覆して番狂わせを起こします」と、今度はK-1のリングで番狂わせを起こすことを目論む。4歳から格闘技を始めた内田にとって、K-1は夢にまで見た舞台だった。「その頃の自分に遠回りはたくさんしたんですけど、間違ってなかったぞって言いたいと思っています。ただ夢ではなく目標に変わり、このベルトを目の前にして自分は絶対に獲りたいと思っています」。夢から現実的な目標に変わったベルト奪取に執念を見せるか?

 また、永坂吏羅vs愛瑠斗のリザーブファイトも決定。層の厚い中から選ばれたスーパー・バンタム級の精鋭たちが、2022年K-1の戦いの口火を切る。

金子晃大
「対戦相手が一回戦、日本人ということで決まったんですけど、自分が求められていることは分かっているんで、そこを試合で出していきたいと思っています。(一回戦の相手の印象は?)いい選手だなという印象はあります。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)誰が来てもおかしくないなという感覚でやっているので、誰が来てもいい状態で練習します。(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)理想としては1試合1試合、今後も見ている人の記憶に残るようなKOを作っていきたいなと思っています。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)そこの意識はあんまりないですけど、結果的に比べられると思うので、比べられた時に強いなと思われる選手になっていきたいと思います。(スーパー・バンタム級四天王と扱われているが、それについてどう思っている?)四天王と言われるのはよく分かんないというか、階級にはチャンピオンは結局一人しかないんで、あんま気にしてないです。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)いい試合を見せて、出来たらいいかなと思っています。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)試合の日にベストな100%持っていけるように調整していきたいです」

黒田勇斗
「今回世界(王座決定)トーナメントということで自分が今世界でどれだけ通用するのかっていうのは楽しみでもありますし、一回戦の相手が誰もが強いというような相手なんですけど、ただで終わるつもりはないんで、しっかりインパクトを残してこのチャンスを掴みたいと思っています。(一回戦の相手の印象は?)相手の印象はパワー、スピード、テクニック、全ての能力が高いと思うんで、一回戦に全てを懸けて一泡吹かせられるように頑張ります。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)準決勝は前回負けてる璃明武選手とやりたいと思っているんですけど、決勝は4人ともやってみたい相手ではあるんですけど、やっぱり一番強いと思う玖村選手とやって勝ったほうが価値があると思うんで玖村選手です。
(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)もちろん3試合KO勝ちが理想ですけど、僕は一回戦に全てを懸けて、一回戦を絶対に勝ちに行きたいと思っています。(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)やっぱりK-1でもトップの選手たちが巻いてきたベルトだと思うんで、それに相応しい試合をしたいなと思っています。

(相手が四天王と扱われて、それに挑む形のように見られてしまうことについてはどう思う?)4選手が注目されていることは同じ階級のファイターとしては悔しい部分はあるんで、やっている以上は自分が一番注目されたいんでここでしっかり結果を出したいと思っています。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)武居選手に強いなと思われるような試合を見せたいと思っています。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)練習ももちろんそうですけど、私生活から全て最高の準備をして当日に挑みたいと思っています」

璃明武
「一回戦の対戦相手が決まったということで、他団体のチャンピオンなんですけど、自分はKrushのチャンピオンとして、こんなにレベル差があるのかという試合をして圧倒したいと思っています。準決勝、決勝にいい勝ち方で繋げられればなと思っています。(一回戦の相手の印象は?)試合を何試合か見たんですけど、バランスも良くて平均以上の選手かなと思うんですけど、自分は上回られている部分はないと思うので、全ての局面で圧倒したいと思います。

(準決勝・決勝でやりたい相手は?)最初に発表された4人がトップフォーだと思うので、その4人の誰かとやりたいですね。(この中で唯一外敵と言われる選手を迎え撃つことになるが心境は?)他の3選手は自分も試合をしているので自分がやる形になったと思うんですけど、現役のKrushチャンピオンだし相手は他団体のチャンピオンなんで、しっかりとプライドを持って圧倒しないといけないのかなと思っています。

(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)理想は短期KOで上がるのが3試合あるのでいいのかなと思うんですけど、そういかない場合もあると思うので、そういう時のことも想定して準備していこうと思います。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)自分もそこまで意識していないんですけど、自分がチャンピオンになったら自分の色というか、新しいチャンピオンになりたいと思います。(スーパー・バンタム級四天王と扱われているが、それについてどう思っている?)この階級だったら外国人選手は分かんないですけど、4人は実績もあって実力もあるので、世界チャンピオンには誰がなっても相応しいのかなと思っています。

(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)圧倒的な実力で勝って、武居選手がトップを張ってきた時は自分はまだトップ戦線にいなかったんで、しっかりチャンピオンになって、自分のほうが武居選手より強いと思われたいですね。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)トーナメントなんで誰が来るのかで変わるかもしれないので、しっかり自分のレベルを上げるとか準備していきたいと思います」

一航
「新興ムエタイジムの一航です。今回初参戦にも関わらず大きな舞台に出場させていただきありがとうございます。この7人の選手、誰が来ても実績・キャリアは全て上だと思っています。応援よろしくお願いします。(一回戦の相手の印象は?)やはりよく映像で流れてくる回し蹴りが凄くきれいで早くてスピードもある選手だと思います。でも、やっぱり自分のほうが全て上回っているところを当日見せたいです。

(準決勝・決勝でやりたい相手は?)やはり金子選手、玖村選手はとても強い選手だと思うので、二人と一度は試合をしてみたいです。(ヒジなしルールは1試合しかやってないと思うがルールに対する自信と、その後はヒジなしルールを意識して練習してた?)ヒジなしルールを最近は練習してて、ヒジがあってもなくてもスタイルを変えられるので、どのルールでも対応できるように練習はしています。

(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)やはり手を抜いて勝てるような選手たちではないので全試合全力で勝って、そこで圧勝出来たらと思います。(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)やはり二人の選手は見てて凄いカッコいい選手なので、自分もそれに相応しいカッコ良くて強い選手になります。

(相手が四天王と扱われて、それに挑む形のように見られてしまうことについてはどう思う?)相手のほうが注目を浴びているほうが自分は楽しいので、その雰囲気を楽しんで勝って、自分のほうが強いことを証明したいと思います。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)強いぞというのをしっかり見せつけたいです。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)自分はワンデートーナメントというもの自体が初めてなので、そこに向けていろいろ勉強して練習をしていきたいです」

玖村将史
「まず外国人選手が来られなくなったのにトーナメントを開催してくださってありがとうございます。今回は日本人選手だけになってしまったので相手は誰でも良かったんですけど、これから対世界に向けて戦っていくために今回日本人の選手は卒業しようと思っています。(一回戦の相手の印象は?)印象は特にないんですけど、ガンガン出てきてくれるので全部にカウンター合わせて行こうかなと思っています。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)誰でもいいですけど、逆にみんな僕とやる選手は決勝戦のつもりで戦ってほしいです。

(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)全試合ワンサイドゲームで勝つことです。K-1のチャンピオンになったら他の階級の人たちとも比べられると思うので、他の階級のチャンピオンにも負けないような圧倒的な、K-1の中でパウンド・フォー・パウンドになれるようなチャンピオンになろうと思っています。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)もちろんそうなんですけど、これまで彼らが作ってきた新生K-1がある程度認知されてきたと思っているので、それを次に新しい時代で、それが世界に通用する団体に僕たちがしていかなきゃいけないなと思っているんで、そこが新生K-1の完成だと思っているんで、そのためにあの二人に負けないチャンピオンになりたいと思っています。

(スーパー・バンタム級四天王と扱われているが、それについてどう思っている?)この階級やったらトップの4人やと思うんですけど、僕は一緒ににされたくないって思っているし、四天王なんかじゃなくチャンピオンは一人で十分だと思っているんで、2月で四天王じゃないっていうことを見せようと思っています。(優勝候補と言われるプレッシャーは?)全くないですね。一番強くなるためにやってるだけなんで、全くプレッシャーとかはないです。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)今回はK-1の新しい時代を楽しんでもらえたらいいなと思っています。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)勝負はもう始まっていると思ってるんで、いつでも戦えるように準備しているんで、いつも通りやるだけです」

鬼山桃太朗
「桃から生まれた鬼山桃太朗です。まずはこういった形でチャンスをくださってありがとうございます。一回戦から優勝候補の玖村選手と出来てラッキーだなと思います。一回戦で玖村選手を倒して、番狂わせを起こしたいですね。(一回戦の相手の印象は?)客観的に見て、このトーナメントの中で一番強いかなと思いますね。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)反対ブロックに過去に負けてる金子選手と璃明武選手がいるので決勝でやり返せたらなと思います。(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)この前、Krushのワンデートーナメントも2試合だったんですけど、それを踏まえて最初から行けばよかったなっていうのがあるんで、次は1Rから倒しに行きます。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)武尊選手、武居選手に並ぶチャンピオンに僕もなりたいですね。(相手が四天王と扱われて、それに挑む形のように見られてしまうことについてはどう思う?)まず最初にトーナメント発表されて、日本人選手が4人発表された時の盛り上がりだったりを外から見てて、純粋にめちゃくちゃ悔しかったし、何より実力のなさが一番悔しかったんで、試合当日はその悔しさを全部ぶつけたいと思います。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)そこに関しては特に何も思わないですけど、今回はお客さんと勝負したいなと思います。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)試合までにしっかりと気持ち作って、一回戦から優勝候補の玖村選手なんで覚悟を決めてやりたいですね」

佐々木洵樹
「まず、こんな状況の中、K-1関係者の皆様、こうやって日本人選手を呼んでくださって、世界トーナメントを開催してくださってありがとうございます。もちろん優勝を見てますけど、内田選手に決まってウチの古川会長も自分が言うのもあれですけど、洞察力が半端ないと思っていて、既に内田選手の対策もして、一人ひとり潰していけば自ずとベルトは見えてくると思うんで、次考えていると足元をすくわれると思うんで、まずは一回戦倒しに行きます。

(一回戦の相手の印象は?)試合を見ても懐が深くて待ちのスタイルでやってもカウンターを合わせられるし、前にも中盤・終盤から出られるし、弱点というかしっかり対策はしていきたいと思っているんで、そういう感じです。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)最初に決まった4人はイメージつけて練習してたんでなんとなくイメージがついているんですけど、後から来た4人の選手たちはまだ固まってないんで、一航選手とかなんとなく面白そうだなと思うんで、やってみたいかなとは思います。

(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)15歳から格闘技やって、プロボクサーとして17歳からデビューして、今年30歳なんですけど、パンチ・蹴り、今までのキャリアで覚えた技を全て出そうと思っています。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)もちろん武尊選手、武居選手は偉大なチャンピオンで、この間練習している時も『武尊、武居、佐々木でお願いします』って言われたんですけど、『なんか弱いっすねえ』っていう話をしてたんですよ。まあ獲って、これから武尊、武居、佐々木になれるように、まだ弱いっすけど頑張ります。(スーパー・バンタム級四天王と扱われているが、それについてどう思っている?)悪い気はしないですけど、今までは四天王とか持ち上げられても『いやあ…』とか思っていたんですけど、最近はマインドコントロールが出来て、だったら四天王でやってチャンピオンになって、出来るんだなってなんとなく自分で出来ているんで、僕は悪い気はしないです。

(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)自分は特に思うことしかないんですけど、自分が転向した時に由樹くんがスーパー・バンタム級のトップ戦線でやっていて、自分がPOWER OF DREAMに入って、やられてやられて強くしてくれたのも由樹くんだと思っているんで、まあ解説にいるっていうことは自分が変な動きしたら『洵樹さん、何やってんですかーッ!?』って叫んじゃうんじゃないかなと心配です(笑)。冷静に解説してほしいですね。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)K-1のトーナメントという大きな舞台なんで、こういう時間というのも人生である人ってなかなかいないと思うんで、楽しみながら隙きをなくす練習をしたいですね、少しでも」

内田晶
「まず一つ言いたいことがあって、自分は4歳から格闘技を始めてきて、その頃からずっと夢見ていたこの舞台に立てるということでと、その頃の自分に遠回りはたくさんしたんですけど、間違ってなかったぞって言いたいと思っています。ただ夢ではなく目標に変わり、このベルトを目の前にして自分は絶対に獲りたいと思っています。自分が勝つとは多分9割以上思ってないと思うので、そこを自分が覆して番狂わせを起こします。

(一回戦の相手の印象は?)元ボクサーということでパンチが上手いのはもちろんなんですけど、POWER OF DREAM所属で何でも出来る選手が多い中で何でも出来ると思うし、自分はジュニア時代にPOWER OF DREAMの選手と戦ってきたんで、こうやってプロで戦うことに凄く感じるものがあります。(準決勝・決勝でやりたい相手は?)正直、このメンツ見て誰と戦いたいと言える余裕はないんですけど、みなさんも知っている通り僕は璃明武選手に凄い負け方しているので、決勝でやり返せたら凄いストーリーがあっていいと思うんで、璃明武選手とやりたいです。(最近のトーナメントは野杁が圧倒的な力で優勝してこれぞK-1のチャンピオンだという姿を見せた。今回、トーナメントはどういう勝ち方が理想的で、K-1チャンピオンとして相応しいと思う?)もちろん倒しに行く中での試合が楽しいと思うんで、そういう試合を見せたいと思います。

(このタイトルは武尊、武居が巻いてきたベルトだが、そこは意識している?)誰が巻いてたとかそういうのではなく、自分はK-1のベルトに凄く価値を感じているので、そういう想いが強いです。(相手が四天王と扱われて、それに挑む形のように見られてしまうことについてはどう思う?)自分もやっぱり悔しかったですし、でも負けると言われている選手が勝ったほうが絶対に盛り上がるし、自分がそういう役目だと思っているんで、絶対に勝ちます。(前王者の武居が解説をするが、それについて思うことは?)試合に集中します。(残り1カ月の過ごし方でどこにポイントを置く?)トーナメントなんで心技体全てレベルアップして、1日も無駄にすることなく調整していきたいです」

 

選手登録