2021.12.21

 12月21日(火)都内にて、2022年2月27日(日)東京体育館「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第一弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 今大会で第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントの開催が決まった。武居由樹の返上で空位になっていた王座を争うトーナメントは、これまで通り日本人選手・外国人選手を交えた8選手によるワンデートーナメントとして開催。この日の会見では「すでに外国人選手はピックアップしていて、それぞれ入国の手続きを進めている段階」(中村拓己K-1プロデューサー)のため、日本人4選手とトーナメントの枠組みが発表される形となった。

 トーナメントには第6代Krushスーパー・バンタム級王者の玖村将史、第3代Krushバンタム級王者の金子晃大をはじめ、第5代Krushバンタム級王者の佐々木洵樹、現Krushスーパー・バンタム級王者の璃明武の出場が決定。以下の組み合わせが発表された。

一回戦(1):金子晃大vs現在調整中
一回戦(2):璃明武vs現在調整中
一回戦(3):玖村将史vs現在調整中
一回戦(4):佐々木洵樹vs現在調整中

準決勝(1):一回戦(1)勝者vs一回戦(2)勝者
準決勝(2):一回戦(3)勝者vs一回戦(4)勝者

決勝:準決勝(1)勝者vs準決勝(2)勝者

 トーナメント出場選手のK-1 JAPAN GROUP戦績はそれぞれ金子=12戦11勝(6KO)1敗、璃明武=11戦10勝(4KO)1敗、玖村=13戦12勝(4KO)1敗、佐々木=6戦6勝(1KO)とほぼ負けなし。金子・璃明武・玖村の1敗についても金子は玖村・璃明武は佐々木に喫したもので、玖村の負けは前王者・武居由樹に喫したもの。名実ともにK-1スーパー・バンタム級のトップ4選手が揃った形となる。中村プロデューサーは「スーパー・バンタム級は武尊・武居由樹が巻いてきたベルト。このトーナメントから新たなK-1の顔になる、象徴になるチャンピオンが出てきてほしい」と期待を寄せた。

 優勝候補大本命の玖村が「この階級で一番強いと自分で分かっているので、それを証明するだけです」とぶっちぎりの優勝を予告すれば、対抗に目される金子は「一回負けている玖村選手がいるので、決勝戦でリベンジして優勝できる」とリベンジ宣言。璃明武は「実力、実績も揃った4人なので、このメンバーの中で優勝すれば文句はないと思う」、佐々木は「玖村選手は僕のことは眼中にないと思わていると思いますが、台風の目になって噛みつきたい」と対抗心を燃やした。各選手のコメントは以下の通り。

金子晃大
「(トーナメントは)3試合あるので、いい試合を見せたいと思いますが、負けている玖村選手がいるので決勝戦でリベンジして優勝できるのが一番いいかなと思います。(ベルトに対する想い)ベルトが1つの形ですが、僕はベルトよりもこのトーナメントでしっかり勝ちたいという想いの方が強いです。(今回のトーナメントで玖村へのリベンジの機会が来たが、今までどんな想いでどう過ごして、どう勝ちたいか)一回負けからの復帰戦で強いところを、見せられましたが、あれから全部KOでいかないと意味がないと思っているし、今回のトーナメントで人の記憶に残る勝ち方で優勝したいと思います。(K-1のチャンピオンになるために倒すべき相手は?)今揃っている日本人はそんなに差はないと思いますが、一回負けている玖村選手をKOで倒せば、分かりやすく強くなっていると思われます」

璃明武
「この間Krushのチャンピオンになって、次はK-1の世界チャンピオンを狙っていて早い段階でこうやってチャンピオンになれるチャンスが来たので、しっかりここで3試合勝ってチャンピオンになりたいと思います。(ベルトに対する想い)K-1のチャンピオンをずっと目標にしていたので、特別な想いというよりはこの階級で一番強い選手だというのを証明したいので、ここで優勝すればベルトは付いてくるものだと思います。(王者初戦でどんな戦いを見せたいか)Krushだと、自分のレベルの相手はいないので次やるならこの3人かなと思ってました。自分的には早いと思っていないので、ここで自分の実力を見せたいと思います。(K-1のチャンピオンになるために倒すべき相手は?)実力、実績も揃った4人なので、このメンバーの中で優勝すれば文句はないと思うので誰とやりたいというのはないです」

玖村将史
「お久しぶりです。優勝するのはもちろんですが、先日の木村"フィリップ"ミノル選手がK-1 FINALを迎えて新生K-1を創ってきたファイターたちがどんどんいなくなっています。これからK-1はネクストジェネレーションに入っていくと思いますし、そこを引っ張っていけるのは自分しかいないと思います。圧倒的に優勝して時代を創ります。楽しみにしていて下さい。(ベルトに対する想い)僕は武居選手に負けているので、今やり返すことはできないので、次のトーナメントで武居よりも玖村が強いというのを証明するだけです。他にベルトの似合う選手はいないので僕が獲ります。(スーパーバンタム級の自分の立ち位置をどう思う?)自分はチャンピオンという形ではありませんが、この階級で一番強いと自分で分かっているので、それを証明するだけです。(K-1のチャンピオンになるために倒すべき相手は?)マジで誰でもいい。逆にやりたい選手は上がってきてほしいです。(金子がリベンジしたいといっているが)今まで僕に負けた選手の一人としか思っていないです」

佐々木洵樹
「前回の試合から辞める辞めないでかなり悩んだのですが、離れている間に、なぜ格闘技を始めたのかを自分に問いかけて学生の頃の色んな卒業文集とかを見たら、全部にK-1チャンピオンになると書いてあって、こんなに想い入れがあったんだなと改めて思って、この話をいただきました。やり残したことをしっかりやって、練習もしっかり積んで、やることをやるだけです。(ベルトに対する想い)K-1のベルトには自分にとって凄く想い入れがあるし、獲りたいという気持ちは凄く強いし、元ジムメイトの由樹くんが巻いていたベルトです。自分の後輩でしたが、人として尊敬しているので由樹くんが巻いていたベルトをPODに持って帰りたい気持ちはあります。(PODの周りからどういう期待があるか)もちろんPODで由樹くんが活躍してきて、同じベルトを目指すので期待はされていますが、特に意識はしていないです。やることをやるだけという感じです。(K-1のチャンピオンになるために倒すべき相手は?)一人一人戦っても全くイメージがあるので、全員倒さないといけませんが一回戦が玖村選手。玖村選手は眼中にないと思わていると思いますが、台風の目になって噛みつきたいと思います」

 

選手登録