2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第11試合では、3月の武尊戦以来の復帰戦となるレオナ・ペタスが200戦近い戦歴を誇るムエタイの強豪マキ・チャーチャイと対戦。レオナは1Rに右ストレートでダウンを奪うと、2R以降もパンチとヒザで攻勢をかけるも、チャーチャイが持ち前のタフさを発揮。レオナが大差の判定勝利を収めたものの、KO勝ちを逃した。

 会見でレオナがまず見せたのは、赤く腫れた右の拳。「チャーチャイ選手の打たれ強さで僕の自慢の石の拳が破壊されちゃって(苦笑)。こんなに打たれ強い選手は初めてだなっていう感じでしたね」。痛めたのは2Rか3R。「その前に(普通なら)KOするであろうというパンチを何発も打ちまくったんですけど全然倒れなくて(苦笑)」。KOすべく、なおもパンチを打ち込んでいるうちに、当たりどころが悪く、拳を痛めてしまったのだという。

 怪我は「階級アップ」の影響もある、という。「上の階級の洗礼を受けました」とレオナ。スーパー・フェザー級(60kg)からライト級(62・5kg)に上げれば、対戦相手の体は大きく、タフさも増す。そんな相手を倒していかなければならない。「課題が一杯浮き彫りになって、勝って反省できたんで、最高の時間をいただいたな、って」とレオナ。チャーチャイ戦で分かった課題を克服して、来年から本格的にライト級戦線で戦っていく。

「強い選手を目指してやっていきたいし、弱い選手とやるつもりはないし。自分がやりたい強い選手とだけやっていきたい」とレオナ。ライト級での戦いが楽しみだ。

レオナ・ペタス
「昨日はマキ・チャーチャイ選手と試合をして勝てたんですけど。打たれ強さで僕の自慢の石の拳が破壊されて、ちょっと腫れちゃって(苦笑)。こんなに打たれ強い選手は初めてだな、っていう感じでしたね。(拳の怪我の状況は?)3R目で拳が痛くて、強く打てなくて。で、その前にKOするであろうというパンチを何発も打ちまくったんですけど全然倒れなかったんで。それで当たりどころが悪いところに当てちゃって、怪我しちゃいましたね。(タフな相手に課題は?)課題は一杯浮き彫りになって、勝って反省できたんで、すごい最高な時間をいただいたな、って感じでしたね。

(階級アップを見据えて、通常より重い61・5kg契約での試合)そうですね、やぱ上の階級の洗礼を受けたなって感じでしたね。(今後の目標と展望を教えてください)今まで通り、強い選手を目指してやっていきたいし、弱い選手とはやるつもりもないし。自分がやりたい強い選手とだけやっていきたいなって思ってます」

 

選手登録