2021.11.13

 大阪・月心会にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[木村"フィリップ"ミノル K-1 FINAL/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・木村"フィリップ"ミノルと対戦する挑戦者・和島大海が公開練習を行なった。

 今大会でK-1での最後の試合=K-1 FINALを迎える木村の持つK-1スーパー・ウェルター級王座に挑む和島。木村のK-1 FINALの相手ということだけでなく、王座決定トーナメント以外では初のタイトル挑戦、過去2度敗れている木村へのリベンジマッチ、そして地元・大阪での試合と、いつも以上に気合いが入っている。

「今回の試合が決まっていつもの倍以上の反響がありました。試合が地元ということもあって、応援もたくさん来てくれますし、メッセージもたくさんいただいた。タイトルマッチでもありますし、リベンジマッチでもありますし、地元の試合でもありますし、ものすごく気合いが入っています」

 和島と木村の試合を振り返ると、初戦となった2019年3月の「K'FESTA.2」では-68kg契約で対戦して木村が勝利。続く昨年3月のスーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦でも木村がKO勝利を収めているが、スーパー・ウェルター級のリミットかつお互いノーダメージの状態で戦うのは今回が初めてだ。

 和島は「1回目は(後楽園以外の)K-1本戦初出場で、すごく緊張していて自分の動きが出せなかったです。2回目はトーナメントの決勝で、万全でやりたいという気持ちもありました」と過去2度の対戦を振り返り「今回はしっかり準備もしていて、木村選手とやったあとにK-1でも勝って来ているし、自分の動きを出せば勝てると思っています」と自信をのぞかせる。

 公開練習で和島は強烈な左ミドルを中心にしたコンビネーションを繰り出し「7月のアビラル・ヒマラヤン・チーター戦から全体的にレベルアップもしていると思いますし、トーナメントで木村選手と戦ったあとも外国人選手と試合をして、すべてKOで勝ってきているので、その部分でも自信があります」。さらに「秘策というか色々と次戦に向けての武器も準備しています。今回も倒せる武器を一つ、二つ増やして練習しています」と新技の投入も予告した。

 この試合でK-1を卒業する木村とは対照的に、和島には「自分がベルトを獲って、K-1を背負う存在になる」という目標がある。和島は静かにK-1のベルトにかける想いを語った。

「(木村のK-1 FINALについて)それは木村選手自身のことなので別にいいんですけど、勝ち逃げはさせないというか。ベルトを持ったまま卒業されるのは悔しいので、今回絶対に勝ちたいと思っています。

(木村が話題の中心になっていることは?)木村選手もK-1を引っ張ってきた選手なので、それは仕方ないと思います。でもここできっちり僕が木村選手の時代を終わらせるじゃないけどKOで勝って、これからは僕が注目されるように頑張りたいです。(使命感がある?)そうですね。僕がK-1を代表して、K-1を背負っていきたいのできっちり勝ちたいです」

 大阪大会では同門のK-1フェザー級王者・椿原龍也が防衛戦を控えており「月心会2人(和島・椿原)で大阪大会のメインを締めて、2人でベルトを獲れたら最高だと思います」と和島。木村へのリベンジとベルト奪取を達成し、K-1スーパー・ウェルター級を背負う男になるか?

 

選手登録