2021.11.03

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」の[木村"フィリップ"ミノル K-1 FINAL/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者・木村"フィリップ"ミノルと対戦する挑戦者・和島大海のインタビューを公開!

――木村選手と3度目の対戦、そして地元・大阪でのタイトルマッチが決まりました。

「僕は木村選手に2回負けているし、大阪は僕の地元でもあるので、このタイミングで試合を受けてもらえるとは思っていなかったです。このタイトルマッチを受けてもらって本当に感謝です」

――2020年3月の第3代K-1スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦で木村選手に敗れたあと、和島選手は3戦3勝(3KO)です。和島選手が勝ち星を重ねてからこそのタイトル挑戦だと思います。

「前回木村選手に負けてから一戦一戦しっかり勝つことが出来て、この試合はものすごいチャンスなので、自分のための大会というか、勝って1年を締めくくりたいです」

――木村選手には過去2回敗れていますが、その頃と比べてご自身の成長はいかがでしょう?

「初めて戦ったのは2019年3月なんですけど、そこからは木村選手にしか負けてないし、成長はしてると思います。リベンジする自信もありますし、今だったら何でも倒せるというか、どの武器でも倒せる自信もあります。最初に試合をした時は、リングの上で“オーラがあるな”とかすごく大きく見えたんですけど、今回は(会見で会って)それを感じないというか、行けるなって思いました」

――改めてファイターとしての印象はいかがですか?

「もちろんパンチは強いですし、トータル的に強い選手だと感じています」

――直近の試合では木村選手が倒しきれなかったアビラル・ヒマラヤン・チータ―選手にKO勝ちしています。そこも自信にはつながっていますか?(※木村はカットによるドクターストップでTKO勝ち)

「アビラル選手はすごく打たれ強くて、木村選手がどれだけ殴っても倒れなくて、最終的にはカット(出血)でTKO勝ちだった相手なので、その相手を倒して勝てたことはすごく自信になりました」

――最初の対戦は-68kg契約のスーパーファイト、2度目の対戦は1日3試合のワンデートーナメントの3試合目で、スーパー・ウェルター級でワンマッチ形式で戦うのは今回が初めてにもなります。今回こそ勝てるという自信はありますか?

「そうですね、しっかり準備もしてきてますし、3回目は絶対勝ちます」

――また記者会見では木村選手の口から今回がK-1として最後の試合になるという発表もありました。それについては率直にどう思いますか?

「会見で聞いた時は驚きました。次のステージに進むのは木村選手が決めたことなので別にいいことですが、K-1のベルトを持ったまま絶対に行かせません。『これで最後』と言ってる選手には絶対負けたくないですし、勝ち逃げは許しません。思いっきり勝負して勝ちたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「僕が絶対にK-1のベルトを獲って、今後のK-1を背負っていく存在になるので応援よろしくお願いします」

 

選手登録