2021.10.28

 10月28日(木)都内にて、12月4日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される「K-1 WORLD GP 2021」の第3弾対戦カード発表記者会見が行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチとして木村“フィリップ”ミノルと和島大海の一戦が決定した。木村は昨年12月13日のK-1両国大会でアビラル・ヒマラヤン・チーターからTKO勝利を収め、3月28日「K'FESTA.4 Day.2」日本武道館大会への出場が決まっていたが負傷欠場。その後、怪我の治療とコンディションを整えるために試合間隔が空いていたが、今回初防衛戦に挑む。

 対する和島は7月のK-1九州大会では、木村と対戦経験のあるアビラル・ヒマラヤン・チーターをローキックで沈め、今回の挑戦権を獲得した。両者はこれまでに2度対戦し、初戦となった2019年3月の「K'FESTA.2」では-68kg契約で対戦し木村が勝利。続く昨年3月のスーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・決勝戦でも木村がKO勝利を収めているが、スーパー・ウェルター級のリミットかつお互いノーダメージの状態で戦うのは今回が初めてとなる。
 
 会見冒頭、木村は「ファンの前で久しぶりに試合ができるのが凄く楽しみですし、待たせた分、凄く面白い試合をしようと思っています。突然の報告になってしまうんですが、今回をK-1のラストマッチにしようと思っています。なのでK-1の魅力・面白さを存分に詰め込んだ最高の試合にしようと思っています。ぜひ、最後の試合を楽しみにしてください」と突然のK-1卒業を宣言。「男として生まれた以上はもっと上を目指すのは当たり前だと思うし、僕はここで止まっている人間じゃないと思うので次のステップへ進む時が来たのかな、そういうタイミグが来たのかなと思って決断しました」と理由を明かした。

 突然の発表に和島は「次のステージに進むのは木村選手が決めたことなので別にいいことですが」とする一方「K-1のベルトを持ったままは絶対に行かせない。僕がベルトを獲って今後のK-1を背負っていくのを今回の試合で見せたい」と静かに闘志を燃やした。

 会見に同席した中村拓己K-1プロデューサーは「今回の試合をオファーして進めていく中で木村選手の想いはもちろん事前に聞いていました。木村選手は2014年の旗揚げ戦からずっと戦ってきて、自分の拳で“K-1というのはこういうものだ”というのを見せてきてくれたと思います。木村選手のK-1での最後の作品を楽しみにしています。逆に和島選手にはK-1を卒業する人間にベルトを持ったまま卒業されたくない、という気持ちもあるでしょう。和島選手が勝つことができたら新しいK-1のスーパー・ウェルター級の顏になる、K-1のスーパー・ウェルター級を背負って立つ人間に相応しいことが証明できる。2人のベルトを懸けた戦いに注目していただきたい」とコメント。

 続けて、この一戦を正式[木村"フィリップ"ミノル K-1 FINAL/K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R」として行うことも発表された。

 木村がK-1 FINALに相応しいKO勝利を見せるか?和島が三度目の正直で木村を倒して地元・大阪でベルトを巻くか? 

木村“フィリップ”ミノル
「ファンの前で久しぶりに試合ができるのが凄く楽しみですし、待たせた分、凄く面白い試合をしようと思っています。突然の報告になってしまうんですが、今回をK-1のラストマッチにしようと思っています。なのでK-1の魅力・面白さを存分に詰め込んだ最高の試合にしようと思っています。ぜひ、最後の試合を楽しみにしてください。

(K-1ラストマッチの理由は?)ここまでK-1でずっと戦ってきて、凄く人生の意味を見いだせたし、めちゃくちゃファンの支えもあって、凄くいい格闘家人生を作ることができたと思います。これからは次のステージが待っていると思うし、僕もその次のステップに進みたいので、最後にこのタイトルマッチをバチッとKOで勝って、次のステージへ進もうと思っている次第です。

(次のステージとは?)格闘家としての木村“フィリップ”ミノルのキャリアは続くので、そこは(格闘技を続けることは)間違いないです。格闘家としてこれからも突き進んで行くだけですね。(その道を選んだ理由は)男として生まれた以上、もっと上を目指すのは当たり前だと思うし、僕はここで止まっている人間じゃないと思うので、次のステップへ進む時が来たのかな、そういうタイミグが来たのかなと思って決断しました。

(K-1ラストマッチで和島とやることについて)ラストマッチにもっとふさわしい相手がいたのかなと思いますが、彼はずっと今、調子よく勝っているし。K-1ってこういうもんだよって、そこはナメんなよと教えるにはちょうどいい相手だと思うので、レッスンをしてあげようかなと思っています。

(別のフィールドで活躍している歴代のK-1王者たちを見て刺激を受けた?)もちろん、そういうファイターたちの刺激を受けるところもあるんですけれど、僕自身はやりたいことももっと増えてきているし、次のステージで戦ってもっと大きい選手になりたいという夢があるので、ただそこへ向かっていく意気込みです。

(今後は立ち技を卒業?)次の動向は正式に決まったら発表するつもりなので、今回はK-1ファイナルマッチということだけで留めておきます。K-1という格闘技のロマンを僕以上に体現できる選手はいないと思っていて、K-1はヘビー級から始まってK-1MAXで魔裟斗選手が活躍して、山本"KID"徳郁選手が時代を作ってきたと思うんですけれど、今、その人たちのようなK-1を体現できるファイターは僕しかいないと思うので、最後のK-1らしいロマン溢れる戦いが見られるのも最後だと思うので、ぜひ目に焼き付けて欲しいなと思います」

和島大海
「今回、地元でタイトルマッチを組んでいただき凄く感謝してます。さっき(写真撮影でにらみつける&突き飛ばされて)舐められている感じでこられたので、今回は絶対に倒して勝ちます。

(木村のK-1ファイナルマッチ発言を聞いて)僕も今初めて聞いたのですが、次のステージに進むのは木村選手が決めたことなので別にいいことですが、K-1のベルトを持ったまま絶対に行かせない。僕がベルトを獲って今後のK-1を背負っていくのを今回の試合で見せたいと思います。

(木村の『K-1はこういうものというレッスンをしてあげる』発言を受けて)2回KOで負けているのでその分、木村選手の強さは分かっています。でも、今回僕が万全な状態でやるのは初めてなので、今回は僕が勝ちます」

 

選手登録