2021.10.23

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で林健太と対戦する不可思のインタビューを公開!

――K-1大阪大会で試合が決まりました。現在の心境から聞かせてください。

「やっぱり試合が決まるとピリっとしていいなっていう感じです。具体的に対戦相手の話が来て『試合が決まった』と言われると、その時から試合モードになってます。オファーが来るまでは試合のことは特に考えず練習してるんですけど、試合が決まると相手のイメージが出てくるので全然違います」

――しかも今回は不可思と同じ激闘派の林健太選手と対戦します。

「林選手が階級を上げてきた時からやりたいなと思っていたし、自分も林選手と試合が組まれるように頑張っていきたいと思っていたので、ここで林選手とやらせてもらえて嬉しいし楽しみです。林選手は倒すことで発言力が得られる相手だと思うので、そういう選手とやれるというのはやり甲斐が全然違いますね」

――改めて林選手の印象をお願いします。

「パンチが強くて、伸びるパンチを打つ。いつもガツガツ行く。そういう印象です。誰が見ても面白い試合、勝っても負けても面白い試合をする選手だなと思ってます」

――不可思選手としても自分の力を発揮できる相手ですか?

「力を出せると思いますし、単純に自分も林選手は好きですね。自分自身もガツガツいく戦いが好きだし、格闘技ファンとしてもそういう選手の方がいいと思います。ある意味、相手のおかげで試合までのキツいことも全て楽しめるというか。熱い試合をする選手とは、こちらも熱い気持ちが出てくるし、その熱い気持ちが自分が格闘技をやる理由みたいな感じです」

――記者会見では今の練習の成果に手応えを感じているとのことですが、具体的にはどんな手応えを感じていますか?

「本当に最近なんですけど、練習していて一つ大きく変わったなっていう手応えがあって。それが何だろうと考えたら、3分3RのK-1のスピードの速い戦いでの体の使い方・神経の使い方、そういうものがやっと出来上がってきたな、と。今までの自分は3分5Rでの力の発揮の仕方や筋肉の使い方が染み付いていて、それがようやくK-1のテンポ感・スピード感に適応してきたところです。次の試合では“不可思、変わったな”とファンの人に思わせたいです」

――K-1に参戦して3年目にして、K-1仕様の不可思選手が見られそうですね。

「間違いなく今までで一番強いし、いい動きができています。トレーナーも『本当にここ最近で化けたね』みたいな感じで言ってくれています。自分が試合を楽しみに思うぐらい、強くなっている自信があるので、みなさんも楽しみにしていてください」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「“ここからまた不可思がベルトを獲りに来るな”と感じさせる試合を見せます」

 

選手登録