2021.10.22

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R]で美伶と対戦する高梨knuckle美穂のインタビューを公開!

――今年最後のK-1への出場が決まりました。率直な心境はいかがですか?
「すごく楽しみです。記者会見で壬生狼一輝選手のお兄さん?のグレート・ミブ選手がすごく面白くて、私もあのくらい振り切りたいと思いました(笑)」(※インタビューは記者会見直後のもの)

――壬生狼選手の振り切り方を羨ましく思うところがあるのですね。

「あります。私はカッコいいなと思います。あのぐらい振り切って自分を出したいというか…。そうしたら試合でも自分を出せるのかなって思うんですよね」

――そこは試合にもつながるものがあるのですか?

「そうですね。ちょっとここ最近は試合で自分を出すことができてないので、その殻を破りたいなってずっと思ってます」

――今年はMARI選手として2戦して2勝していますが、高梨選手らしいKOやダウンシーンからは遠ざかっています。

「なんか守りに入ってますよね。別に負けるのが怖いとかじゃないんですけど、たぶん心のどこかで“負けたくない”“倒れたくない”という自分がいるんだと思います」

――以前はそういうことはなかったですか?

「昔はとにかく緊張していて、前に行くしかなかったんですけど、今は少し相手を見る余裕ができて。よくも悪くもそれが影響しているのかなと思います」

――以前のように何も考えず前に行けた方がいいのでしょうか?

「どうなんですかね、そっちの方が盛り上がるのかもしれないですけど……試合で勝っていって相手も強くなってくると、それだけではこっちが倒されると思うので。なので昔の自分を取り戻しつつ、ディフェンスも頑張ります」

――プロ無敗ということもその意識に影響しているのでしょうか?

「たぶん頭のどこかにあるんだと思います。あんまり気にしてないつもりなんですけど、“負けたら次どうなるのかな”とかって考えちゃってる部分があるので」

――そんな中で今回の対戦相手は美伶選手となりました。どんな印象を持っていますか?

「結構ガタイがいいですよね。あと試合を見てもパンチがありそうだし、いずれ当たるだろうって思ってました」

――例えば今回の試合は対戦相手よりも、自分の殻を破ることがテーマですか?

「そうですね、ここ4戦ぐらいそれができていないので、そこを破って勝ちたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「美伶選手はパワーのある選手だと思うので打ち合いにもなると思いますし、絶対パンチでは負けません。美伶選手も前に出てきてくれると思うんで、どちらかが倒れる試合になると思いますが、私が先に当ててぶっ倒そうと思っています」

 

選手登録