2021.10.19

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で大沢文也と対戦する弘輝のインタビューを公開!

――地元での開催となるK-1大阪大会に出場が決まりました。どんな心境ですか?

「まぁ、嬉しいですよね。地元から近いところで試合ができるし、今回も応援をいっぱい連れてこようと思ってます」

――対戦相手の大沢選手の印象をお願いします。

「僕、大沢くんは好きっすよ。俺もそうですけど、特別ずば抜けた才能があるようなタイプじゃないんですけど、その中で頭を使って勝ってきて、トップ戦線に辿り着いた選手っていうイメージなので、カッコいいと思ってます。クレバーなところはスゴいと思います」

――そんな大沢選手ですが、会見では“いい人”キャラに変貌したようなところが見られました。

「あれはセコくないですか!? 僕と大沢くんやったらバッドガイと悪童で、みんなちょっとゴチャゴチャってしたのが見たいだろうと思ってたのに(笑)。なんか、メッチャ謙虚すぎたっすよね。調子狂ったっすよ。まぁ、龍華といろいろ比べられてちょっと辛そうだったから、試合が終わったら飲みに誘おうかなと思ってます(笑)」

――スタイル的に大沢選手のような足を使うタイプはやり辛くはないですか?

「足を使うのシンドいっすよ。この前のKrushみたいに足を使って下がって当てられて、みたいな判定は嫌なので、追いかけるのやめてみようかな(笑)」

――9月のKrush後楽園大会ではKrushライト級王座決定トーナメントに出場して準決勝敗退という結果でした。ベルトがかかったトーナメントというところでかけていた部分も強かったのはないでしょうか?

「特別あの試合が意気込みが強かったわけじゃないっすよ。俺らはファイターで、これで飯を食ってるんで、努力するのは当たり前のこと。どの試合でも意気込みは強いです」

――今回の試合は地元・大阪大会、K-1ライト級のトップ戦線で戦っている大沢選手が相手ということでより注目も集まりそうですね。

「大沢くんはめっちゃキャリアがあって、“狂拳”竹内裕二選手とやってますよね(2012年10月8日『Krush.23』で対戦し、竹内がKO勝ち)? 僕、竹内選手が一番好きな選手なんですよ。パンチが超強くてカッコいいじゃないですか。だから僕と竹内選手どっちが強かったか、試合が終わってから飲みに行ったときに聞きたいなと思います(笑)」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「去年の大阪大会はインパクトを残したんですけど、アカン結果に終わりました(※朝久泰央から先制のダウンを奪うと逆転KO負け)。今回はいい結果でなおかつインパクトも残して、俺らファイターは毎年大阪でK-1が開催できるようにする。プラス個人的には『大阪大会には毎回弘輝が必要やろ!』って思われるぐらいの選手になろうと思ってます」

 

選手登録