2021.10.15

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/-66kg契約/3分3R・延長1R]でヴィトー・トファネリと対戦する平山迅のインタビューを公開!

――地元・関西でのK-1出場が決まりました。今どんな心境ですか?

「年に1回ペースでK-1大阪大会が開催されていて、地元や関西で応援してくれてる方がなかなか東京まで来られない中で、関西で試合ができるというのはすごいモチベーションにも繋がります。自分的には燃えてますね」

――身近な人たちの前で戦えるのはやはり気合いが入りますか。

「そうですね、みなさんのパワーを感じながら戦えるっていうのは、ホンマにありがたいことなので。やっぱり僕は見られるのが好きだし、そうじゃなったからきっと格闘技はやってないと思います(笑)」

――5月のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチ以来の試合となりますが、あの試合を振り返っていかがですか?

「初めてのタイトルマッチということでいろんなプレッシャーがあって。負けたけど次に繋がるようにしていくのは自分自身なので、僕は全然マイナスに捉えていません。負けたからこそ繋がることってたくさんあると思うので、それを次、大阪でぶつけようという気持ちです」

――これまでも敗戦を自分の力、プラスに変えてきましたか?

「そうですね。それをプラスに変えていかないと、この先戦えないと思います。格闘技ってシンプルで、強い奴が勝つし弱い奴が負けるので。次の試合で結果を出せば、前回の負けも逆転できるかなと思います。ただ俺はずっと“倒すか倒されるか”でやってきた選手なので、それはいまだに忘れていません。常にそれを心に持っているので、試合でも出していきたいです」

――“倒すか倒されるか”の試合をする。その芯は決してブレないですか?

「絶対ブレないです。K-1 JAPAN GROUPに参戦した時からずっと自分の中で言い続けてきたことなので、そこは絶対ブレないです」

――今回はそんな試合ができるうってつけの相手が用意されました。トファネリ選手にはどんな印象を持っていますか?

「身体能力も高いですし、一つ一つの攻撃も強くてタフですよ。その中でスリルを味わえる、しっかり“戦い”ができるファイターだと思います。まさに“やらないとやられる”相手だと思うので、俺が考える“倒すか倒されるか”が一番できるタイプの相手だと思います」

――まさに真っ向勝負ですね。

「自分にテクニックがあればいいんですけど、テクニックもないし、そんな戦い方を俺はできないので(苦笑)。だからもう思いっきりぶつかるしかないです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「俺は東京に出て格闘技をやってますけど、それは関西で応援してくれてる方や、ファンの人たちがいたから、今こうやって東京で格闘技ができています。自分を応援してくれる人やファンの人たちにパワーを与えられるよう、しっかり勝ってみなさんに笑顔を届けたいと思います」

――やはり関西大会への想いが強いようですね。

「はい、自分がファイターとしてできる恩返しは、勝ってみなさんにパワーを与えて、非日常的をしっかり見せて喜ばすことだと思ってます。みなさんもそういうKO劇や非日常を自分に期待していると思うので、俺はそこをブレずに、しっかりやっていこうと思ってます」

 

選手登録