2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第9試合ではK-1王座獲得を目指す19歳の"超新星"斗麗が、練習中の負傷により欠場となった篠塚辰樹の代打として出場した佑典と対戦。斗麗は1Rから細かいスイッチからの多彩な攻撃で佑典を翻弄し、2Rに顔面へのヒザ蹴りでダウンを奪取。最後は斗麗の左ストレートに合わせたカウンターでKO勝利を収めた。

 同大会に3試合組まれたフェザー級戦の中で、唯一のKO勝利を飾った斗麗。「僕だけがKOできたので、少しはインパクトを残せたかな」と控えめながら確かな自信を覗かせた。

 最初のダウンを奪ったヒザ蹴りは「練習していませんでした」と、用意していた一撃ではないという斗麗。一方で「相手は近くなったら気を抜くので、そこで倒せる攻撃を練習しています」と、至近戦の武器は豊富に用意していると明かした。

 改めて10代での“世界一”を目標に掲げた斗麗は、12月の大阪大会でK-1上位陣との対戦を要求。「椿原チャンプ、小澤選手、軍司選手、新美選手…誰でもいいので、潰しにいこうと思います」と、K-1・Krush王者を含めたフェザー級強豪を撃破する意気込みを見せた。

斗麗
「昨日は試合前からいい緊張感を持てて試合に臨めて、練習した部分いいところも出たんですけどまだまだダメな課題もたくさんあったので、そこを練習して僕はもっと強くなれると思ったので、これからもがんばっていきたいと思います。

(試合を見直した感想は?)昨日の映像はまだ見ていません。やっていて、いつもと違って普通にいけるなと思ったので、負けるとは思っていませんでしたね。(ダウンを奪ったヒザ蹴りは練習していた?)あれは練習していませんでした。でもヒザ蹴りは得意なので、どの角度からでもいけますね。(倒せる武器は増えている?)何でも倒せます。

(フェザー級3試合の中で唯一のKO、いいアピールはできた?)他のフェザーの試合を見ていませんでしたが、僕だけがKOできたので、少しはインパクトを残せたかなと思います。僕はチャンピオンではなく世界一強くなりたいので、勝手に勝っていったら強くなっていると思っています。12月地元大阪で大会があるので、そこで椿原チャンプ、小澤選手、軍司選手、新美選手…誰でもいいので潰しにいこうと思います。

(最初のダウンを奪ったヒザ蹴りのような際の攻撃を練習している?)ああいう技は練習しています。相手は近くなったら気を抜くので、そこで攻撃を出して倒す練習をしています。(フルコンタクト空手で見られる技だが?)いえ、あの距離でできることはあれだけだったので出しただけです。

(ファンへメッセージ)僕は10代のうちに世界一になるといっているので、しっかり来年のうちにベルトをとって、キャラや知名度だけじゃ上がれへん、本物の強いやつしか残れないフェザー級にしていこうと思うので期待していてください」

 

選手登録