2021.09.21

 9月21日(火)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり」横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第10試合で昨年12月に階級をフェザー級に上げて以来、2連勝の軍司泰斗が現Krushフェザー級王者の新美貴士と対戦。新美は無尽蔵のスタミナを武器に、ひたすら前進して手数を出して、相手の心をへし折る戦いでのし上がってきた。これに対して軍司も真っ向勝負。新美相手に前進&連打で応戦。随所に強烈なボディ攻撃を浴びせて、新美を下がらせる場面を作り、判定で勝利した。

 軍司は「KO出来なかったですけど、タフな新美選手に勝ててホッとしてます」と安堵の表情。現フェザー級王者の椿原龍矢への挑戦権争いが熾烈を極める中で「新美選手に勝って、自分が一番タイトルマッチの挑戦権に近いかなと思います」。

 王者の椿原とは、過去にアマチュアとプロで戦い、2勝2敗とイーブンで「椿原選手と次で完全決着をつけて、チャンピオンになりたいと思います」。悲願のK-1王者へ、軍司は確かな手応えを掴んでいた。

軍司泰斗
「自分らしい試合は出来なかったんですけど、タフな新美選手に判定で勝てて、ホッとしてますね。(昨日の試合を映像で振り返って)まだちょっとしか見てないんですけど、1Rにいいボディが入って。そこからボディ中心でやってしまったことが反省点かなと。

(タフな試合でしたがどんな心境で戦っていた?)戦う前から、スタミナと根性の試合になると予想していたんで、ここで根性で勝ててよかったかなと思いますね。(勢いのある現Krush王者に勝ったことについては?)今の、現Krush王者の新美選手に勝てたことによって、K-1のタイトルマッチの挑戦権に、一番自分が近いのかなと感じましたね。

(椿原選手とはプロアマで4度戦って2勝2敗だが、ライバル意識はある?)ライバル意識はあんまないですけど、椿原選手が先に階級を上げて、その後に僕が階級を上げたので、戦うことは絶対あるだろうなと考えていました。そこで椿原選手がK-1チャンピオンになって。次にやるとしたら5度目なんで、しっかりそこで完全決着をつけて、チャンピオンになりたいなと思います。

(削り合いになったが、どんなことを考えてましたか?)殴り合ってる時は『絶対に下がらない』というのは決めてたんで、どんどん前に行って、自分の方が手数を出して、どんどん前に行こう、っていうのは、ずっと戦いながら思ってましたね。

(気持ちが折れそうになった時は?)折れそうな時はなかったですけど、ちょっと危ないなっていう時はあったんで、その時は踏ん張って、勝ってよかったですね。

(ああいう相手と競り勝って、自信になった?)そうですね、ああいうタイプとはまだやったことがなかったんで、いい経験だったのかな、というのはありますね。(ファンへのメッセージを)今回判定勝ちになってしまったんですけど、次はしっかりKOで勝つので応援よろしくお願いします」

 

選手登録