2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第19試合では現Krushスーパー・ライト級王者の佐々木大蔵が、元K-1ライト級王者の林健太とK-1スーパー・ライト級ワンマッチで対戦。2Rにダウンを奪った佐々木は、林の右ストレートでダウンを取り返されるも、すぐさま右ストレートで2度目のダウンを奪ってみせる。3Rも最後までパンチを打ち合った結果、元同門の林に3-0の判定勝利を収めた。

 会見に登場した佐々木は元後輩との一戦を制したことに関して、「健太との3分3R、そして横浜アリーナの地で戦えたというのは自分にとってもいい経験になりましたし、今後に活かせる財産になりました」とコメント。

 今回の試合に向けて佐々木は、林が得意としているボクシングの技術を磨く練習に取り組んできたとのことだが「いろんなことを初めて練習してきた部分があって、それが自分の中に落とし込めている部分がありました」と、その成果が試合結果に繋がったという。

 終盤のパンチの打ち合いは、「いつもだったら安全運転というか、打ち合わない場面でも打ち合ったっていうのは、健太の熱に引き寄せられてというか。ここで応えてやるぞというか、上回ってやるぞという中途半端な気持ちになりたくなかったっていうことで、自然と背中を押されましたね」と、相手が林だったからこその打ち合いだったようだ。

 現在はKrushスーパー・ライト級王者でもある佐々木だが、K-1のスーパー・ライト級王座はジムの先輩である山崎秀晃が保持している。「ベルトを持っていようが、常に目標としている高みを目指していることに何ら変わりはないので、そのまま突き進むだけですね」と、具体的には語らなかったが、佐々木の目には次なる目標も見えている様子。

「元同門の健太と試合できたのは本当に自分にとってプラスになったと言ってもらえるような試合を今後展開していけるように、日々トレーニング、日々生きていくので、これからも期待をよろしくお願いします」と、元同門対決の勝利を糧に目指す高みへ突き進むことを宣言していた。

佐々木大蔵
「元同門ということで健太との3分3R、そして横浜アリーナの地で戦えたというのは自分にとってもいい経験になりましたし、今後に活かせる財産になりました。ありがとうございました。(試合映像を見ての感想は?)試合を進行している中で実際に戦っている時とさほど変わりはなかったんですけど、ダウンを奪ったり、いつも見えないような姿を見られたというか、自分で凄くリラックスしたパンチを打てたなと改めて思いましたね。(Krushのベルトも持っている中で何を目標にして戦っていく?)ベルトを持っていようが、常に目標としている高みを目指していることに何ら変わりはないので、そのまま突き進むだけですね。

(最後は蹴りをほとんど出さずにパンチで打ち合っていたが?)健太はボクシングが凄く上手だっていうのを知っていたので、ボクシング技術をベースにしながら練習を積んできたんですけど。最後はいつもだったら安全運転というか、打ち合わない場面でも打ち合ったっていうのは、健太の熱に引き寄せられてというか、ここで応えてやるぞというか。上回ってやるぞという中途半端な気持ちになりたくなかったっていうことで、自然と背中を押されましたね。

(ああいう場面でパンチで勝負したことは今後の自分の戦い方にプラスになる?)今回はいろんなことを初めて練習して、それが自分の中に落とし込めている部分があったので、そういったものを試合で試したいなっていうのがありました。その中でボクシングのことに関して凄くこだわってしまったなというところですね。(試合後に林選手とどんな会話をした?)健太も終わればノーサイドというかお互いを称え合う形で、近くに飯でも行こうと、そんな話をしてましたね。お互いに良かった部分、こうだったねとかそういうような話をしました。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はありがとうございました。K-1、そして横浜アリーナの花道は感慨深いというか気持ち良かったです。そして元同門の健太と試合できたのは本当に自分にとってプラスになったと言ってもらえるような試合を今後展開していけるように、日々トレーニング、日々生きていくので、これからも期待をよろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録