2021.09.19

 9月19日(日)、開催を明日に控えた「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の公開計量と記者会見が行なわれた。

 第16試合~第18試合はスーパー・フェザー級の3試合が並んだ。第16試合は、共に海外で活躍してきた朝久裕貴とMOMOTAROが激突。朝久は昨年11月のK-1福岡大会で大岩龍矢に勝利。弟、泰央が7月のK-1福岡大会でゴンナパー・ウィラサクレックを破ってK-1ライト級王者となっただけに、ここで勝って「朝久旋風」を巻き起こすか。対するMOMOTAROは、ONE Championshipでムエタイ強豪と戦った後、3月にK-1 JAPAN GROUPと契約。だがK-1初参戦では西元也史の一発を浴びてまさかのKO負け。

 朝久は「海外で戦ってきた選手は精神面が強い。MOMOTARO選手は一つ抜けている」と警戒しながらも「最高の勝ち方をする」と自信をのぞかせた。対するMOMOTARO選手は「前回は悔しい思いをしたので、いただいたチャンスをしっかりと掴む」とし「まず1勝、そしてK-1ファンの皆さんに名前を覚えて貰います」と勝利へのどん欲さを見せた。共に実績のある選手、勝ってK-1トップ戦線に浮上するのはどちらだ。

 第17試合は、前フェザー級王者の村越優汰と、KO勝率100%の強打者・西元也史が対戦。村越はここ最近2連勝で復調。対する西元はすべての勝利がKOというハードヒッター。5月の横浜大会ではMOMOTAROを左フック一撃でマットに沈めた。試合前、村越は「1発も当てさせない」、西元は「判定マシーン(村越)をKOする」と舌戦を展開。

 この日も村越が「攻撃を貰わず、一方的な展開にしようと思う。試合後にゴルフが控えているので無傷で勝つ」と抜群のディフェンス力に自信を見せれば、西元は「トーナメントや他の階級、もちろん自分の階級の誰にも負けない、一番インパクトのある試合を見せる」と自身の強打に自信を見せた。判定マシーンか、KOマシーンか。対照的な二人が交わった時、どんな化学反応が起こるのか。

 第18試合は、復活を目指す卜部弘嵩と芦澤竜誠が対戦。弘嵩は昨年12月の両国大会で計量オーバーをした上に、ローブローによる試合終了という消化不良の内容に終わった。一方の芦澤も3月のK-1東京ガーデンシアター大会で村越優汰に敗れてからの再起戦となる。両者は2018年に対戦し、この時は弘嵩がKO勝ちしている。

 芦澤は「今回の試合は俺が変わってるか変わってないか。で、俺は変わってるんで、自信に溢れてるってことですよ。見てる人みんなに衝撃、感動、興奮を与えます」とニヤリ。対する弘嵩も「いろいろ変えてきて調子がいいです。いい試合が見せられると思う。僕を信じてくれた人たち、仲間だったり家族だったりファンの人たち、そういう人たちに向けてリング上で最高の試合を見せて、勝利を捧げたい」と手応えを感じている様子。芦澤が成長ぶりを見せつけてリベンジするか、弘嵩が返り討ちをして復活ぶりを見せつけるのか。

卜部弘嵩
「今回、ちょっといろいろ試したこともあって、(調整を)変えた部分もあったりして、調子いいです。明日はみなさんの期待に応えられる試合が出来ると思います。(昨年12月以来の復帰戦。明日はどんな試合が見せられそう?)リング上で元気な姿は見せられると思います。(ファンへのメッセージ)明日は、僕を信じてくれた人たち、仲間だったり家族だったりファンの人たち、そういう人たちに向けてリング上で最高の試合を見せて、勝利を捧げたいと思います。必ずいい試合をします。みなさん、必ず注目してください」

芦澤竜誠
「どうも、芦澤竜誠です、ピース。さっき(弘嵩と)握手したんすけど、そん時、卜部選手もめちゃくちゃ調子いいって言ってたんで。前の減量失敗した時より、やばい動き出してくれると思うんで。俺もめちゃくちゃいい動きできるんで、明日は楽しみにしててください。

(ABEMAでは自然を使ったトレーニングを公開。今回の仕上がりは?)過去イチですね。過去イチいいんで、本当に楽しみです。今回の試合は俺が変わってるか変わってないかだと思います。俺が変わってなかったら負けるし、変わってたら勝てるんで。で、俺は変わってます(ニヤリ)。(雰囲気も変わってますよね?)自信に溢れてるってことですよ。やることやってきたんで、めちゃくちゃいい試合が出来ると思います。

 前まで、ぶっ飛ばすとか感情的なこと言ってましたけど、今回、本当に卜部選手も仕上げてきてくれたんで。プロっていうのは、こうやって仕上げてきた同士がやると『うわー!』って思うんだ、って試合をするんで。楽しみにしてください。(ファンへのメッセージ)明日はただ勝つとか、ただKO勝ちとかじゃなくて、見てる人とかみんなに衝撃を与えます。感動と興奮を届けます」

村越優汰
「こんなとこでつまづいてらんないんで。明日は普通に勝ちます。(どんな試合をしたい?)攻撃を貰わず、一方的な展開にしたいと思ってます。(ファンへのメッセージ)しっかり強さを見せて、試合が終わった後にゴルフが控えてるんで。無傷で試合を終えたいと思います」

西元也史
「正直、めちゃくちゃやる気満々なんで。K-1ファンも僕のファンもそうでない方も、全員、僕の試合を見れば間違いない試合をしていくつもりなんで。明日は楽しみにしててください。(ここまで勝った試合はすべてKOで、明日もKOを狙う?)自分は、何が何でもぶっ倒してやろうとかそういう無茶苦茶な気持ちでやって、何とかKOしてるわけじゃないです。KOしよう、と思った時の方が倒せてないんで。何が何でも勝つつもりで、それで、当たれば倒れる、くらいの気持ちでやってる結果ですね。

(ファンへのメッセージを)他の階級の選手が『他の試合のことは意識してない』と言ってたのが僕には一切分かりません。自分の階級はもちろんそうなんですけど『その日、一番の試合をする』のがプロの仕事やと思ってるんで。トーナメントにも他の階級にも、もちろん自分の階級にも、誰にも負けないくらいの一番インパクト残して勝ちます」

朝久裕貴
「WLF世界王者の朝久裕貴です。明日の試合、必ず勝ちます、(お互いに海外で活躍してきたテクニシャン。自分のどんなところに注目してほしい?)僕も、MOMOTARO選手も、実際パンチも蹴りもお互いに技が多いと思うんですけど。海外で戦ってきた選手は精神的な強さがあると思っていて、そういった意味ではMOMOTARO選手は精神面で一つ抜けてるのかなと思うので。最高の試合をして、MOMOTARO選手に最高の勝ち方をしたいと思ってます。

(ファンへのメッセージを)最高の試合をして、最高の勝利をすることを約束します。先日の会見の時に『妖刀』という技を使うって言ったんですけど、それよりも凄い技が出来て。ただ、まだこの技に名前とか付いてないので、もし見たことのない技を見たら、SNSでも何でもいいので、技の名前を付けていただけたらなと思います。明日は応援よろしくお願いします、押忍」

MOMOTARO
「前回悔しい思いをしたので、今回、いただいたチャンスをしっかりつかみたいと思います。(お互いに海外で活躍してきたテクニシャン。自分のどんなところに注目してほしい?)自分は足技が得意な選手なので。彼もすごいテクニック多いですけども、お互いレベルの高い試合を見せられたらな、と思います。(ファンに向けたメッセージを)K-1のリングで、まずは1勝。しっかり勝って、K-1ファンのみなさんに覚えて貰えるように頑張りますので。明日は応援のほどをよろしくお願いいたします」

 

選手登録