2021.07.31

 7月31日(土)都内にて、9月20日(月・祝)横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の第1弾カード発表記者会見が行われた。

 第3代Krushバンタム級王者・金子晃大と第4代Krushバンタム級王者・晃貴による約4年半振りのリマッチが決まった。

 金子は2016年9月のK-1 JAPAN GROUPデビュー以来、無敗のまま第3代Krushバンタム級のベルトを腰に巻いた。デビューからの連勝を9に伸ばして臨んだ昨年3月「K'FESTA.3」には玖村将史と対戦。打ち合いを見せるも僅差の判定で初黒星を喫した。その後約1年の時を経て、今年3月に復帰。Bigbangスーパー・バンタム級王者・鬼山桃太朗をKO撃破し再起を果たしている。

 対する晃貴は2017年1月のKrushデビュー戦で今回対戦する金子にKO負け。その後も黒星が先行するも、2018年6月からは4連勝。2019年1月に萩原秀斗を下し第4代Krushバンタム級王者となった。2021年からはスーパー・バンタム級に転向し、Krushで2連勝と好調ぶりを見せている。

 前回KO勝利で復活を果たした金子は「前回から半年ぶり。この半年間でよりよいパフォーマンスを発揮できるようになった」とさらなるレベルアップを果たしたと自信。約4年半振りの再戦となる晃貴との一戦に「昔なのであまり参考にはしていません」と、初戦の構えで臨むと構えを見せつつも「前回と同じような結果になる。次はないような試合をしたい」と、再びのKO勝利決着を宣言した。

 対する晃貴は階級アップから好調の2連勝。「前はテクニックを使おうとして失敗して負けだしたんですけど、今年に入って自由に戦うようになって連勝できた」と、試合に臨むスタンスの変化が結果に繋がっていると語った。今回対戦する金子は、自身がデビュー戦で敗北を喫した相手。「今回はしっかり対策を練って、自分がよこはまつりで金子選手にリベンジします」とデビュー戦の借りを返すと意気込みを見せた。

金子晃大
「前回から半年ぶりなんですけど、この半年間で前回よりもいいパフォーマンスができるようになってきているので、そういうパフォーマンスを見せていこうかと思います。(前回の復帰戦で勝った感想は?)KOという形で勝てたのはよかったかなと思います。(前回の試合以降、どんな取り組みをしている?)前回の反省だったり、技術だったりコンビネーションだったりをトレーナーと考えてやっています。(再戦となるが、今回はどんな試合をしたい?)昔なのであまり参考にはしていません。昔はKOで勝ったんですけど、今回も同じような結果になると思っています。次は2回目の対戦なんですけど、次はないような試合をしたいと思います」

晃貴
「金子選手は強いですけど、ここでしっかり自分が勝って、自分がK-1のトップ戦線にいって盛り上げるので応援お願いします。(今年に入って2連勝。好調の要因は?)試合で自由にやってる感じです。前はテクニックを使おうとしていたんですけど、それで失敗して負けだしました。今年に入ってから自由に戦って連勝を始めたので、今回も自分が勝ちます。(再戦となるが、今回はどんな試合をしたい?)自分はKrush初参戦の時に金子選手と戦ってKOで負けちゃってるので、今回はしっかり対策を練って、自分がよこはまつりで金子選手にリベンジします」

 

選手登録