2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1ライト級タイトルマッチ~」福岡国際センター大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第10試合で大沢文也と実に4度目の対戦に臨んだ卜部功也は、大沢を退けて判定勝ち。大沢は功也に対して「目標にしていた選手。ずっと再戦したかった」と発言していたが、功也にとっても、キャリア初期からKrushで切磋琢磨してきた大沢との試合は「文也くんとの初戦は新宿FACEで、そこからKrush(後楽園)で2戦やって、今回はK-1っていう舞台で戦って。同じ時代をずっと生きてきたファイターで、Krushの立ち上げの時から一緒に戦ってきたファイター。ライバルですけど、仲間のような気持ちもあるので勝ってうれしい」と特別なものだった。

 現在は自らのジムを立ち上げ、プロ選手の育成もスタートした功也。「僕はジム代表で会長でもあるし、選手でもある。僕も選手として長くはできないと思っているので、選手として一緒にいられる時間は決して長くない。この期間にどれだけジムの子たちにいい影響を与えられるか?ということばかりを考えてます」と新たな心境でリングに立っていることを明かした。

卜部功也
「昨日は4度目の対決だったんですけど、文也くんとの初戦は新宿FACEだったので、そこからKrushで2戦やって、今回はK-1っていう舞台で戦って、本当に同じ時代をずっと生きてきたファイターで、Krushの立ち上げの時から一緒に戦ってきたファイターだったんですけど、ライバルですけど、仲間っぽい気持ちもあったりして、その中で勝てて本当に嬉しく思っています。

(試合の手応えは?)今回は手応えないですね(苦笑)。思った通りに動けなくて、気持ちとしては、倒しにいく姿勢は出せたかなとは思うんですけど、うまくコントロールできなかったですね。自分の頭と体がくっついていないというか、繋がっていないというか。そこら辺がちょっとバラバラだったかなっていう感じはします。

(大沢は左ストレートが見えにくいという話をしていたが)なるべくモーション、初動が見えないようにはずっと練習していました。その分硬さが出たり柔らかさが出なかったりとか、そういう部分がありました。あとは大沢選手のチームがよかったですね。それがやり辛かったです。相手のセコンドが『ローキック』とか技の名前を言わなくて、数字で全部言っていたんです。1とか2とか3でって。(いつもは)そういう部分で聞いたりして戦略を立てるんですけど、やり辛かったです。盗めなかったです。

(主宰するジムではプロ選手も募集していますが、背負うものができたという思いはある?)あります。今うちに来ているのが松谷桐と綺の兄妹なんですけど、僕がジム代表で会長でもあるし、選手でもあります。そんなに僕も選手として長くはできないと思っているので、選手として一緒にいられる時間は決して長くない。この期間にどれだけ彼ら・彼女らにいい影響を与えられるかなということばかりを考えてます。自分自身も研究してますし、今後僕のジムに来る選手たちのために、何かいいものを残したいと思っているので、今は研究しながらやってます。

(昨日はライト級のタイトルマッチがあったが、もう一度K-1王者を目指していきたい気持ちは?)スゴかったですね。やっぱりチャンピオンを目指したいとも思いますし、あとは一つのことっていうより、何かやるのもいいと思うんですよね。ジムをやりながらファイターをやってとか、そういうのが当たり前になってくると思うので、武尊もファイターをやりながら芸能活動をやって、いろんなビジネスもやってますし。

 これからはそれが当たり前になると思うので、僕もファイターですけどジムもやって、何か新しい形を見せれたらなとは思います。だからこそ、あとは結果を残さなきゃなって。ジムの経営も選手としてもどっちもですけど、あとは来てくれた子をチャンピオンにさせるとか、全部同時にやろうと思ってます。(ファンのみなさんへのメッセージは)昨日は応援ありがとうございました。また気合いを入れて頑張るので応援よろしくお願いします」

 

選手登録