2021.07.18

 7月18日(日)、「ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1ライト級タイトルマッチ~」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会で最重量級の試合となった実方宏介と丸山公豊のスーパー・ヘビー級戦。1・2Rは互いに蹴りを繰り出すテクニカルな展開となったが、2R終了直前に実方が左ハイキックで丸山をなぎ倒し、丸山がタンカでリングを降りるという衝撃の結末を迎えた。

 一夜明け会見ではフィニッシュになった左ハイキックは試合前から狙っていた技だったことを明かし、新設されたスーパー・ヘビー級を自分が引っ張っていくと力強い言葉で語った。

実方宏介
「昨日はたくさんの応援ありがとうございました。なんとか2R KOで勝つことができてよかったです。(左ハイキックは?)ずっと相手の動画を見て研究していて、手が下がるイメージがあったので、ずっと左ハイは狙っていました。どこのタイミングで狙おうかと思っていて、終盤2Rのほんとギリギリだったので、KOをできてよかったです。(自分のファイトスタイルについて)もともと蹴りを使って試合のペースを掴んでいく感じなので、今回もムエタイで勝ちたかったです。

(ハイで倒すまでの過程は)本当は右ローを当てて右のハイキックを当てようかなと思ったんですけど、思ったよりいい感じの距離を掴めて、左ミドルもずっと当たっていたので、最後2R終盤に目線を下に下げたら手も下がってくれたので、そのまま上に蹴って当てた感じです。

(今後のスーパー・ヘビー級について)3月に京太郎選手に負けて、その後に新設されたスーパー・ヘビー級で僕が一番最初の試合だったので、インパクトを残して重量級らしい派手な試合をしたかったです。ハイキックで倒せてインパクトを残せたかなと思うので、今後K-1やBigbangでスーパー・ヘビー級を自分が盛り上げていけたらいいなと思います。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)改めて昨日はたくさんの応援ありがとうございました。スーパー・ヘビー級を自分が引っ張って行こうと思うので今後も応援よろしくお願いします。ありがとうございます」

 

選手登録