2021.06.18

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で江川優生と対戦する大岩龍矢のインタビューを公開!

――昨年のK-1九州大会以来のK-1出場が決まりました。試合に向けた調整・仕上がりはいかがですか?

「気持ち的にも動き的にも今のところバッチリですね。絶好調です」

――3月のKrush後楽園大会では山本直樹選手と対戦して、試合終了間際に劇的なKO勝利を収めました。あの試合を振り返っていただけますか?

「初めて2連敗して、普通に勝つだけじゃインパクトを残せなかったので、ああいうKO勝ちができて。2連敗を取り返したじゃないですけど、それだけインパクトを残す勝ち方ができて良かったなと思っています」

――やはり連敗という結果は精神的にこたえましたか?

「はい………連敗は結構キツいっす(苦笑)。人生初の連敗だったんですけど、ずっと苦しかったですね」

――今大会では元フェザー級王者の江川選手と対戦することになりました。対戦相手としての印象は?

「みんな知ってる通り、KO決着も多くて、パンチも強くて、誰もが認める……まあ今はチャンピオンじゃないですけど、K-1の顔だし、チャンピオンだなっていう感じはあります」

――江川選手は今回がスーパー・フェザー級転向初戦で、大岩選手はずっとスーパー・フェザー級のトップ戦線で戦ってきました。江川選手を迎え撃つ心境を聞かせてください。

「自分にとってはビッグチャンスで、元チャンピオンを倒せば僕が次の挑戦者ぐらいの気持ちで行けると思っています。ただ階級の差は存在していて、江川選手はフェザー級からスーパー・フェザー級に階級を上げて来るのかもしれないですけど、スーパー・フェザー級は選手層が厚いんで、簡単にチャンピオンにはなれないし、この階級には強い選手はめちゃくちゃいる。会見でも言いましたけど、そんなに甘くないぞというところを最初に自分が見せつけたいですね」

――パンチの強い江川選手に対して、それでも倒れないという自信はある?

「自分より階級が上の相手と戦うことになったら、そういう考えが出てくるかもしれないですけど、江川選手は階級が下の選手なので、下の選手に倒されるイメージは全くないです。これまで僕はスーパー・フェザー級でも色んなハードパンチャーの選手とやってきましたけど、倒れてないんで。逆に楽しみっすね。どのぐらいの力があってどのぐらい効くのか? 多分効かないと思いますけど、自分的にも楽しみです」

――ある意味、どんなものか試してやろうという気持ちもありますか?

「試してやろうとは思わないですけど、下の階級だったら倒して勝ってきているんで、どのぐらいの力があるのかなと思います。僕は打ち合い上等…というか打ち合いしかできないぐらいなんで。向こうも打ち合いが好きだと思うし、打ち合いが好きなもの同士がぶつかるんで、一ファンじゃないですけど、客観的に見ても普通に楽しみな一戦じゃないかと思っています」

――選手層の厚いスーパー・フェザー級で生き残ってきた意地を見せたい?

「そこは見せたいですね。確実に」

――江川選手は名前こそ出しませんでしたが、武尊選手との対戦も目標の一つとして掲げています。

「それはなみんな(武尊のことは)口にしますよね。K-1チャンピオンになりたくてやっているわけだから。同じ階級でベルトを持っている選手の名前を出すのは当然だと思うので、そこは何とも思わないです。ただ自分は武尊の門番じゃないし、みんな“大岩を倒してから武尊”という流れがあるかもしれないけど、正直それは悔しいです。そう思われない・そう言われないためにもしっかり倒して勝って、俺は武尊の門番じゃねえぞというところを見せたいです」

――試合内容としては圧倒してやるという気持ちは強いですか?

「相手も元K-1チャンピオンなんで、圧倒的にとか、そんなことは言えないですけど、勝つのはKO勝ちしか考えてないです」

――昨年に続いて2度目の九州大会出場となりますが、それについてはいかがでしょう?

「福岡の街は好きだし、人もいいし、ご飯も美味しいし、いいところだらけなんで、好きな街で試合ができるっていうのは本当に嬉しいです。去年は福岡で負けているんで、その負けを取り返すじゃないですけど、福岡で勝つ姿を見せたいですね」

――それでは最後に皆さんにメッセージをお願いします。

「僕はKO決着しか考えてないし、江川選手は“龍矢”が苦手なんで(※椿原龍矢に2連敗)、同じ“龍矢”としてしっかり3連敗させて追い込みたいと思います」

 

選手登録