2021.06.13

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R]でNOZOMIと対戦する山田真子のインタビューを公開!

――昨年に続いてのK-1九州大会出場が決まりました。

「地元の試合やし、呼んで頂いてすごく嬉しいです。やっぱり地元ってなると普段応援に来られない人も来てくれるので、そういう面ではすごく心強いし、いいところを見せたいなって思います」

――やはり地元でのK-1開催は大きくモチベーションを高めてくれるようですね。

「前回の試合(3月のK-1武道館大会でMIOにプロ初黒星を喫した)のこともあって思うことはあるんですけど、楽しみの方が大きいです」

――プロ初黒星となったMIO戦を振り返っていただけますか?

「すごく悔しいというのは間違いなくあるんですけど、すごく得たものもあって。それは言葉では表現しづらくて自分にしか分からないと思うんですけど、改善点だったり、自分を見つめ直すいい機会になって、今はすごく練習が楽しくて充実してます」

――ボクシングから維持していたプロ無敗記録が途切れてしまい、落ち込みはなかったですか?

「それが現実だし、あの時の実力が相手よりなかったから負けたということです。結果が全てなので現実をしっかり受け止めて、“絶対いつかやり返す”という気持ちはあるし、MIO選手には“それまで負けるなよ”と。自分がK-1で初黒星をつけられたんで、“お前に黒星をつけ返してやるから負けんなよ”とていう感じです」

――そんな中で今回対戦するNOZOMI選手の印象をお願いします。

「リーチがあってスピードがある。蹴りよりパンチという印象ですね」

――そのNOZOMI選手を相手に今回はどんな試合を見せたいですか?

「試合までに対策だったり練習もやっていくと思うんですけど、 あっちは『世界チャンピオンをパンチで倒します』みたいなことを言ってるじゃないですか。ボクシングでタイトルを獲ったのはもう過去の栄光だから、チャンピオン・チャンピオン言われるのは嫌なんですよね(苦笑)。今は今なので」

――山田選手のなかでは過去の実績と今のK-1での戦いは別物だと。

「はい。NOZOMI選手には『それでいいんじゃないの?頑張って』くらいですね。ただそう上手くはいかんし、あんまり舐めんなよとは思います。“やれるもんならやってみろよ”って。やっぱりK-1は倒してナンボだと思うし、倒せる力をつけるために練習しているので、倒して勝ちたいです」

――では、地元で再起を懸ける一戦に改めての意気込みをお願いします。

「前回の試合でファンの方たちをガッカリさせちゃったと思うんですけど、その負けで自分も得たものがありました。悔しさも忘れずにしっかり一日一日大事に練習をやってます。またK-1九州大会に呼んでいただいて、 今回はファンのみなさまをガッカリさせないようしっかりパンチのテクニックだったりで圧倒して、バシッと決めます」

 

選手登録