2021.05.25

 5月30日(日)神奈川・横浜武道館にて開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト第2試合/K-1 WORLD GP 2021 K-1バンタム級日本最強決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R]で対戦する大石和希と豊田優輝のコメントを公開!

大石和希
「(リザーブファイトが決まった時の心境は?)リザーブファイトだからという意識はあまりなく、やることは変わらず、やってやろうという気持ちです。今回は対戦相手が上手いサウスポーの選手なので距離感を意識して練習してきました。前回の試合で掴んだ手応えも改善点もあったので、そこを試合で見せられたらと思います。(対戦相手の印象は?)K-1カレッジのチャンピオンで、テクニックのある選手だなと思います。トーナメントのことは意識していなくて、豊田選手との試合だけを考えています。

(もし本戦に勝ちあがることになったら?)今はリザーブファイトのことしか考えていないんですけど、もし勝ち上がった時は誰が相手でも優勝することに集中したいと思います。リザーブファイトでもインパクトのある試合をして、見る人の印象に残る勝ち方をしたいと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)リザーブファイトから盛り上げて面白い試合をするので是非注目よろしくお願いします」

豊田優輝
「今回のオファーが来た時は、まだここ(リザーブファイト)は自分には関係ない話だと思っていたので、驚きました。(この試合に向けて)自分のスタイルで、闘いその中で倒す、ということを意識しています。(前回の試合と比べて)勝つという気持ち、勝てるという自信がついたと思います。対戦相手はパンチのタイミング上手だなーと思います。(トーナメント本戦のことは)意識しまくっています、K-1にバンタム級ができて、リザーブでも呼ばれた以上、おれもバンタム級にいるんだぞって所を、思い知らせてやります。

(もし本戦に勝ちあがることになったら?)相手は誰でもいいです、僕は本戦の選手に負けているのですが、トーナメントじゃなくても、いつか絶対やり返してやると思っているので、本当に誰でもいいです、まずは勝つことです。トーナメント本戦に比べると、リザーブファイトは、全く注目されていなく、クソ!と思っているので、リザーブファイトの俺も負けてないし、強いぞって所を見せてやるってずっと思っています。(ファンのみなさんへのメッセージは?)まずは、リザーブで、しっかり勝って、この悔しさを、今後爆発させてやります。みなさま応援よろしくお願いします」

 

選手登録