2021.04.17

 4月17日(土)都内にて、5月30日(日)神奈川・横浜武道館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」(※5.23大田区から延期・変更)の第一弾カード発表記者会見が行なわれた。

 会見冒頭では中村拓己K-1プロデューサーが、「原点回帰」、「ワンデートーナメント復活」、「未来のスターの青田買い」という3つの大会コンセプトを発表。

 3.28「K’FESTA.4 Day.2」日本武道館大会のメインイベントではエースとしてK-1を引っ張ってきたチャンピオンの武尊と、Krushから一つずつ実績を積み上げ、最強の挑戦者となったレオナ・ペタスがタイトルマッチで激突。武尊の劇的なKO勝利で終わったが、K-1の歴史に残るような素晴らしい試合を見せたことで、「我々にとっても、一ついい意味で旗揚げからやってきたことの形になったと思いますし、区切りがついたと思いました。そういった意味ではこの大田区大会は新たなスタートとなると思います」と、この大田区大会を「原点回帰」の大会と位置づけた。

 そして、この大会ではK-1ならではの醍醐味であった「ワンデートーナメント」を復活させる。コロナ禍で海外から選手が呼べない状況が続いたことで、ワンデートーナメントも開催することができなかったが、1年2カ月ぶりに開催。それが今回発表されたK-1バンタム級日本最強決定トーナメントだ。

 既に組み合わせも決定しており、トーナメント一回戦の第1試合が橋本実生vs大村修輝、第2試合が壬生狼一輝vs野田蒼、第3試合が松本日向vs鵜澤悠也、第4試合が黒田斗真vs池田幸司となっている。「未来のスターの青田買い」という3つめのコンセプト通り、平均年齢20.75歳という若い日本人8選手たちが覇を争うことになった。

 また、中村プロデューサーが「K-1の中心になっていくポテンシャルを持っている選手」と期待を寄せるこの8選手は、全員がK-1のアマチュア大会に出場して実績を残してきたという共通点もある。アマチュア大会を開催し続け、選手の発掘に力を注いできた中村プロデューサーも、「意義のあることだと思っています」と感慨深げに語るトーナメントとなった。

 トーナメント第3試合には松本が登場。中村プロデューサーから、「アマチュア時代から全力で試合をする選手で、戦っている姿が印象に残っている人も多いと思う」と紹介された松本は、その言葉通り「本当に自分は頑張るところしかいいところがないんで、どの分野でも全部頑張るし、全部努力するし、もう必死に食らいつくところを見ててほしいです」と、爽やかに意気込みを語る。

 しかし、相手の鵜澤に同期の大石和希が敗れていることもあり、「敵討ちというか、ちゃんと借りを返したいと思っているんで。まあ、決勝に行くのは自分です」と強気なところも見せていた。

 対する鵜澤は昨年KHAOSで開催されたDREAM KHAOSトーナメントの覇者。優勝して、KHAOSガールズと食事をするという邪な野望を叶えるなど、爽やかな松本とは対照的な性格だ。今回のトーナメントにも「殺気を持って、殺気を全開にして挑もうかなと思っています」とギラつきながら参戦する。また、一回戦の松本よりも、その視線は橋本に向かっているようで、「『誰か知らへん』って言ってても、自ずと視界に入るようにしてやろうかなと思っています」と、会見中に挑発を続けていた。

鵜澤悠也
「今回、7人全員KOでぶっ飛ばして、優勝したいと思っているんで期待しててください。今回、死ぬ気で獲ろうと思っています。(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)12月に負けてるんで、正直来た時はビックリした気持ちがあったんですけど、やっぱり『俺、持ってるな』っていうのが実感できて。正直、昔から持ってる男なんですよね。だから、そこを再確認できたかなっていう感じでしたね。まあ、アピールしたいところで言うと、前回のK-1が武尊選手とレオナ選手の激闘の後じゃないですか、今回の大会は? ああいう試合を見てからの一発目なんで、今回は激闘を見せて、エンターテインメント的にも凄い盛り上がった試合をしたいなと思っているんで、今回、殺気を持って、殺気を全開にして挑もうかなと思っています。

(松本選手とキャラクターが正反対だがそれについては?)普通に好青年ですよね。普通に強くていい選手だと思っているんですけど、やりたい選手とは思ってなくて、どっちかつったら、俺は橋本実生をぶっ飛ばしたいっていう感じだったんで、こいつかって思ったんですけど、でも好青年の選手ですよね。でも、全然凄くいい選手だと思うんで、そんな感じです。

(橋本選手をなぜぶっ飛ばしたいのか?)代理戦争でも目立ってましたし、シンデレラボーイだかチェリーボーイだかなんかわかんないですけど、凄いチヤホヤされているなと思っていたんで、決勝で松本選手とやりたいとか、そんなのは予想してたいんですけど、初戦でしっかり松本選手をぶっ飛ばして、決勝に上がってきてほしいなとは思っています。(橋本に『誰か知らへんし』と言われて)って、言ってくるのも予想してたんで、うん。『誰か知らへん』って言ってても、自ずと視界に入るようにしてやろうかなと思っています」

松本日向
「僕はシルバーウルフに凄いお世話になって、凄い好きなジムです。大宮司さん、先輩や仲間にしっかり恩を返せるように全力で戦います。自分は全力で戦うことがいいところだと思っているので、全部頑張るんで、僕を見ててください。応援よろしくお願いします。(トーナメントのオファーを受けた時の感想とアピールしたいところは?)オファーが来た時はトーナメントとしか聞かされてなくて、相手が誰かもわからなかったんですけど、最初早いなと思ってビックリだったんですけど、今ここで3月のK’FESTAが盛り上がって、次に5月のK-1でやる意味があるんだなと自分は思ったんで、僕がここの試合を全部盛り上げて、主役にならなきゃなと思いました。アピールするところは、本当に自分は頑張るところしかいいところがないんで、どの分野でも全部頑張るし、全部努力するし、もう必死に食らいつくところを見ててほしいです。
(鵜澤選手とキャラクターが正反対だがそれについては?)鵜澤選手の感想は代理戦争でも凄い大口叩いていたのでいいと思います。自分はできないことをしてると思うし、計量の時のパンツも凄いなと思うんで、凄くいいとは思うんですけど、自分も同期の大石和希がやられているんで、あの時は和希はボロボロだったんですけど、やられているところには自分はしっかり敵討ちというか、ちゃんと借りを返したいと思っているんで。まあ、決勝に行くのは自分です」

 

選手登録