2016.03.08

 3月8日(火) 東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月24日(日)国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2016 ~-60kg日本代表決定トーナメント~」の追加対戦カードが発表された。

 -70kgのスーパーファイトとして松倉信太郎×秋元和也が決まった。両者は2012年のKrush YOUTH GPで対戦しており、この時は松倉が延長ラウンドでKO勝利を収めている。今回は約3年半ぶりの再戦で、前田憲作K-1プロデューサーも「次世代の-70kgを担う選手同士の戦い」と期待を寄せる一戦だ。

 会見には松倉と秋元が揃って出席し、両者は対照的なコメントを残した。松倉との再戦に燃える秋元は「3年半くらいに一度戦っていて、その時は延長で敗れています。当時はまだキャリア3戦、キックを始めて3年ちょっとでした。ガンガン行って負けてしまって、力の差があったと思うけど、もう差は埋まっていて、僕の方が松倉選手を超えていると思います。自分の実力を出してガツンとぶっ倒してやろうと思います」とKOでのリベンジを宣言。

 対する松倉は「3月のスーパーファイトは盛り上がりが足りなかったし、-70kgは身体が大きい分、体力に頼る部分があってKOや綺麗な試合が少ない。-70kgでも他の階級に負けない試合が出来ることを証明したいと思います」と意気込みを語りつつ、対戦相手の秋元については「秋元選手どうこうじゃなくて、自分としてはもっと強い外国人とやるつもりで準備してきた」とキッパリ。

「秋元選手は身体が強くて変則的な動きをする選手。-70kg初代王座決定トーナメントのリザーブファイトでセルゲイ・アダムチャックと良い試合をしていて、その後もKO勝ちして、勢いはあると思う。油断していると足元をすくわれる相手だし、普通に強い相手だと思う」と秋元の実力を認めはしたものの「ただ俺がやりたい相手じゃないんで、しっかり実力を見せることが一番かなと思います」とバッサリ斬り捨てた。

 これには秋元も不快感を露わ。「松倉選手はもっと強い外国人を想定していたということですけど、自分のことが舐められていると思うんで、しっかり倒します」と語気を強めてKO勝利を誓った。

 -70kg次世代対決を制するのは松倉か? それとも秋元か?

 

選手登録