2019.11.08

 11月7日(木)埼玉・K-1ジム大宮にて、11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]でライト級王者・林健太と対戦するミャンマーラウェイ王者・金子大輝が公開練習を行った。

 頭突き、ヒジ打ちも許される“地上で最も過激な立ち技格闘技”ミャンマーラウェイで王者となり、今大会でK-1初参戦を果たす金子。試合まで3週間を切り「コンディションも仕上がりも良く、ラウェイの魅力をK-1で広められるということで本当にモチベーション高く練習しています」と心身ともに充実している。

 改めてK-1参戦を決めた理由を「K-1が一番強い選手を集めて最強を決める舞台だと思っているので、その舞台にラウェイという競技を背負って挑戦しようと思いました」と語った金子。ラウェイ時代には現地ミャンマーのジムに赴き、その文化と戦いを学ぶことでミャンマーの人々からも“チャンピオン”として認められた。その教えの中で最も心に深く刻まれた教えが怖さを克服するための勇気だ。

「グローブがあろうがなかろうが、パンチや蹴りをもらうと痛い。でもその痛いものや怖いものに自分から立ち向かって行くことで怖さを克服することをラウェイを通して学びました。(ラウェイを通して恐怖心がなくなった?)恐怖心を克服するには恐怖に立ち向かって行って潰すことが一番だということを学びました」

 公開練習で金子はK-1グローブをつけて独特の軌道のパンチやバックブローを繰り出すミット打ちを行うと、グローブを外したバンテージのみで頭突きや肘打ちを交えたラウェイ式のミット打ちも披露。他のファイターにはないラウェイ王者ならではの公開練習となった。

 金子は対戦カード発表会見でミャンマーラウェイのテクニックをK-1用に改良したラウェイサンダー、SNSでもラウェイハンマーという必殺技の存在を明かしていた。その2つの必殺技について聞くと……。

「当日までのお楽しみでお願いします。ラウェイの技を改良した技なので、そのまま使ってしまうとK-1ルールでは反則になってしまう。会見ではラウェイサンダーのことしか話しませんでしたが、ラウェイハンマーは問答無用で相手を壊す技です。それもK-1ルールでそのまま使ってしまうと反則になってしまうので、ちょっとづつ改良しながら自分に合うやり方で改良しました」

 現在はK-1ジム大宮に所属し、ミャンマーラウェイと大宮ジム、2つのものを背負っているという想いも強い。

「ラウェイをやっていた頃はミャンマーで日本人は僕1人だけという意識だったんですけど、今は日本でもたくさんの方に応援していただいて、日本とミャンマーをつなげるのがこのK-1という舞台なのかなと思っています。ミャンマーの人々の威信を背負って戦うという自覚もあります」

 初参戦でいきなり対戦することになったK-1チャンピオン・林健太については「林選手は打たれ強くて気持ちも強くてどんどん前に出てくる。K-1選手でありながら何かラウェイ精神を持った選手なのかなって僕はおもってます」と林のファイティングスピリットを称える。

 まともにK-1ルールで戦えば難しい戦いになることも想定済みで「戦略としては秘策しかないんですけど、それはもう当日のお楽しみですね。何が出てくるのか分からないのがミャンマーラウェイです。K-1ルールで試合をするというよりはミャンマーラウェイの戦いをそのままK-1に持ち込むという意識です」とK-1のリングでもあくまでミャンマーラウェイ王者としての戦いを貫き通すと迷いは一切ない。

 最後に「やっぱり今の時代に異種格闘技戦というものをぶち上げることが出来るのは、ラウェイ王者の僕しかいないと思う。当日はまさに異種格闘技戦、これがラウェイというものをK-1ファンの皆さんにお見せしたいと思ってます」とK-1のリングで“令和の異種格闘技戦”を実現させるとファンに約束した金子。謎に包まれた必殺技でK-1王者を相手に大番狂わせを起こし、ミャンマーラウェイの強さを知らしめることが出来るか?

 

選手登録