2019.07.25

 8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]で椿原龍矢と対戦する蒼士のインタビューを公開!

──前回の大阪大会はプレリミナリーファイトでの出場でしたが、今回はスーパーファイトでの出場になりました。最初にオファーを受けた時の心境はいかがでしたか?

「本戦(スーパーファイト)に選んでいただいたことは凄く嬉しいです。K-1では初の本戦なんでインパクトを残して、しっかり倒して、次からも本戦に呼ばれるような選手になろうと思ってます」

──前回戦ってみてK-1の雰囲気というのはどうでしたか?

「初めてK-1に出させてもらって、やっぱり会場がでかかった分、緊張した面もあって中々自分の力を出せなかったというのがありました。でもやっぱり大舞台で試合をできるのは選手にとって良いことなんで僕的にも嬉しかったです」

──その後はKRUSHにも参戦して、前回の大阪大会と比べて自分のどんなところが変わったと感じていますか?

「前回、初めてスーパー・バンタム級で試合をさせてもらって、身体の大きさやパワー差を少し感じたので、そこを修正するような練習をしてきました。自分はバンタム級でもスーパー・バンタム級でも試合できますが、今はKRUSHバンタム級のベルトを第一の目標に考えています。今回しっかり勝って、晃貴選手が持っているKRUSHのベルトを獲りに行きたいです」

──対戦相手の椿原選手にはどんな印象を持っていますか?

「椿原選手はチャンピオンクラスの選手とたくさんやっていて、ここで椿原選手にKO勝ちしたらオイシイなと思ってます。しっかり喰ってやろうと思っています」

──椿原選手のファイトスタイルについてはいかがですか?

「身長はあんまり変わらないんですけど、リーチが長い分、やりづらそうな感じやなと思っています。まあでもペースを取られへんかったら大丈夫やと思ってるんで。ペースだけは取られないように、自分のペースで戦いたいと思ってます」

──蒼士選手と椿原選手は同世代・同じ関西で格闘技をやってきたわけですが、椿原選手のことを意識したことはありますか?

「歳的には椿原選手の方が僕より一つ上で、ちらほら一緒に練習もやったりしたんで、あまり対戦相手としてイメージしてなかったです。対戦相手として決まって、ちょっと複雑な心境ですけど、しっかり倒しにいこうと思ってます」

──K-1 JAPAN GROUPではキャリアが上の椿原選手に勝てば、次のチャンスにもつながると思います。どんな試合を見せたいですか?

「大阪大会で大阪の選手と組まれたんで、しっかりKOで締めたいと思ってます。前回の大阪大会はスーパー・バンタム級でドローで終わっちゃったんで、今回はしっかり身体を作って追い込んで、パワー負けしないように練習しています。前回よりもレベルアップした蒼士を見てほしいです」

 

選手登録