2017.05.21

 5月20日(土)東京スカイツリータウンR・ソラマチイーストヤード5F、J:COM Wonder Studioにて「GAORA SPORTS presents『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~』6.18さいたま大会・大決起集会!」が行われた。

 このイベントはタイトルの通り、6.18さいたま大会に出場する主要ファイターたちが続々と登場し、試合に向けて熱いトークを展開するK-1の大会前恒例の公開イベントだ。

 イベントには第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントに出場する日本人3選手=城戸康裕、中島弘貴、日菜太が登場し、トーナメントへの意気込みを語った。(※廣野祐は海外武者修行中のために欠席)

 外国人選手が圧倒的な強さを見せているスーパー・ウェルター級。今回のトーナメントでも日本人にとって厳しい戦いが予想されるが、このイベントでは城戸から仰天プランが飛び出した。

「新K-1伝説」で放送された特集と同じテレビマン風(?)のいで立ちで登場した城戸は「スーパー・ウェルター級はやばい階級で、外国人がみんな半端ないくらい強い。こいつらリアルに全員強いんですよ!」と切り出すと「だから日本人みんなで力を合わせて頑張る。日本人のうち誰か一人が優勝すればいいんじゃないですか? 僕の提案どう?」と中島・日菜太に結託を呼びかけたのだ。

 この呼びかけに対して中島が「日本人が優勝したらベルトを4本作ってもらって“第2代スーパー・ウェルター級王者・日本人”みたいな感じだったらOKです(笑)」と返すも、日菜太は「僕は僕で優勝したいと思います。自分だけでもいいから優勝したい!」とやんわり否定。城戸の目論見はもろくも崩れ去った。

 いずれにせよ日本人が世界の壁に挑むトーナメントであることは変わらない。3選手はそれぞれ以下のようにトーナメントへの意気込みを語った。

城戸康裕
「もし日本人が1回戦で全滅したらゲーオや武尊の試合を楽しんでください(笑)。今回の煽り映像は過去最高傑作なので、煽り映像も試合も楽しみにしてください」

中島弘貴
「必ずチャンピオンになるんだって気持ちを持って、日本人の精神を持ってチャンピオンになります」

日菜太
「僕は今30歳、今年31歳になります。K-1王者になって人生を変えたいという想いは一番だと思います。だから必ず勝ってK-1王者になります」

 強豪揃いの外国人選手たちを倒し、日本人の中から第2代スーパー・ウェルター級王者は誕生するか?

 

選手登録