2018.06.15

 6月15日(金)東京・新宿区にあるGENスポーツパレスにて、6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」の[【フュディアルクリエーションPresents】K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R]で芦澤竜誠と対戦するシルビュー・ヴィテズが公開練習を行った。

 今回、K-1初参戦・初来日のヴィテズはルーマニア出身のムエタイファイターで、22戦19勝(12KO)3分とプロ無敗を誇る強豪。確実に相手を仕留めるファイトスタイルから、現地では“ヒットマン”と呼ばれている男だ。

 公開練習ではオーソドックス(右構え)・サウスポー(左構え)をどちらも使い分けつつ「俺はどちらでも好きなように戦える。ただ細かいことはすべて試合当日まで秘密だ」と不敵な笑み。対戦相手の芦澤に対しては「彼はいつもピエロのような格好をしているから、あれは変えた方がいい。もし前日会見で何か言ってきても、試合当日にリングの上で決着をつけてやる」と言い放った。

「この大会に集中してトレーニングして、コンディションは完璧だ。(“ヒットマン”というニックネームの由来は?)一人一人対戦相手を冷静に相手を仕留めていく姿を見て、自分の仲間がつけてくれたんだ。(プロ無敗ということで注目しているファン・関係者も多いが?)そう思ってくれるのはとても嬉しいし、その期待に応えられるように頑張るよ。

(対戦相手の芦澤選手の印象は?)彼のことは日曜日のリングの上で分かるだろう。(事前のインタビューでは芦澤選手のファッションセンスを揶揄していたが?)彼はいつもピエロのような格好をしているから、変えた方がいいとアドバイスしてやったんだ。(芦澤選手は会見などで対戦相手に攻撃的な発言をするが、それについてはどう思う?)日本語でしゃべられても何を言ってるかよく分からないからな(苦笑)。(明日の記者会見では発言を通訳されることにもなるが?)土曜日の会見で何か言われれば、それにはそこで返答する。ただし本番は日曜日で、俺はリングの上できちんと決着をつけてやるつもりだ。

(公開練習ではスイッチもしていたが左右どちらでもKO出来る自信がある?)俺はどちらでも好きなように戦うことが出来る。そして俺の得意なものはパンチだ。(トーナメント3試合を勝ちあがる体力と自信はある?)もちろんある。そうじゃなかったら14時間もかけて日本には来ない。(日本のファンにはどういうファイトを見せたい?)それは日曜日まで秘密だから楽しみにしていてくれ。(日本のファンへメッセージは?)K-1に出場できてとても光栄だ。そして日曜日は自分が最後まで勝ち残って、会場全体がスタンディングオベーションしている光景を見ることになるだろう」

 

選手登録