2018.01.21

 1月21日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」(ケーズ・フェスタ・ワン)の第3弾対戦カードが発表された。

 昨年4月の第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントを制し、その後もスーパーファイトで連続KOを収める活躍で、K-1 JAPAN GROUPの年間表彰式「K-1 AWARDS 2017」では最高選手賞(MVP)に輝いた第2代K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹。「K'FESTA.1」での初防衛戦では、トーナメント決勝でベルトを争った久保賢司と再戦することが決まった。

 当初、武居の挑戦者には武居自身も対戦を希望していたKrush-55kg王者・寺戸伸近との防衛戦が予定されていたが、寺戸陣営が3月21日までにコンディションが整わないという理由でオファーを辞退。「寺戸選手が出られないのなら、この選手しかいない。K-1として文句なしの挑戦者」(宮田充K-1プロデューサー)という久保に白羽の矢が立った。

 久保はキックボクシングで国内タイトルを次々と獲得し、2012年からはプロボクシングでも活躍。2015年8月に引退を発表した後、K-1ジム五反田の代表として活動を続けていたが、2017年4月の第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで現役復帰を果たし、見事に準優勝に輝いた。続く11月には寺戸伸近の持つKrush-55kg王座に挑戦し、延長までもつれる激しい打ち合いを展開。「K'FESTA.1」では王座決定トーナメント決勝で激戦を繰り広げた武居とK-1のベルトをかけて再び拳を交えることになる。

 会見には武居・久保が揃って出席。久保が武居に対して「去年死ぬほど恥をかかせられてので鬱憤が溜まっている。3月21日はさいたまを血の海にする。K-1の宝物のような選手(武居)を破壊して、K-1をぐちゃぐちゃにしたい」と敵意をむき出しにすれば、武居も「K-1チャンピオンの代表という気持ちを持って、リングをぐちゃぐちゃにさせるようなことはさせない」と静かに王者としてのプライドをのぞかせた。

久保賢司
「色々な経緯があったんですけど、こうしてこの試合をやるためにリングに戻ってきました。武居君には去年死ぬほど恥をかかせられたので、相当な鬱憤が溜まっています。3月21日はさいたまのリングを血の海にしたいと思ってます。(寺戸戦後に『選手としてこれで終わりにしたい』と発言していたが?)この試合のオファーを受けた時、正直最初は乗り気じゃなかったんです。というのも、K-1に復帰してからの自分は、人を恨んだり憎んだりそういう感情ばっかりだったので、もうそういう自分も嫌だなと思っていました。だから最初はまたリングに上がって変な感情になりたくないと思ったんですけど、ある時、武居君の試合映像を見ていて、気づいたらこいつをぶっ倒してやろうと思っていました。それでこのリングにもう1回上がってみようかなと思いました。

(コンディション作りは問題ない?)全くそこは問題なくて、精神的なとこを持っていけるかなというのが一番です。武居選手はK-1の年間最高選手にも選ばれて、そういうK-1の宝を自分の手でぶっ壊して、明るい未来を壊しちゃうっていうのは、こんなに面白いことはないなと思っています。今は肉体的にも精神的にも凄く仕上がってます。(『K'FESTA.1』というビッグイベント出場への想いは?)今、僕はジムを経営していて、そのジムの代表としてK-1をもっと盛り上げたいという気持ちがあります。こういう大きい場にどんどん選手を送り込んで、世界に通用する選手を作っていきたいと思ってるんですけど……1プレイヤーとしてはどこか正反対の部分があって、このリングをぐちゃぐちゃにしてやりたいという気持ちがあります。ここでK-1の宝物のような選手を破壊するということに関して、ジム代表として正反対の気持ちもありますね。この感情も嫌いじゃないですね」

武居由樹
「足立区から来たPOWER OF DREAMの武居です。最初は寺戸選手という話もあったんですが、寺戸選手が出来ないということで、僕はスーパー・バンタム級の日本人を見て、タイトルマッチの挑戦者として認められるのは寺戸選手と久保選手だけかなと思っていました。だから久保選手、オファーを受けてもらって本当にありがとうございます。3月は去年のスーパー・バンタム級トーナメントの決勝戦とは違って二人とも無傷で、すごく良い試合になると思います。僕と久保選手の無傷の真っ向勝負を見てください。

(久保のコメントを聞いてどういう気持ちになった?)久保選手はああやって言ってますけど、4月の試合が終わった後も凄い褒め称えてくれたんで、この場だけなのかなって思ってます。本当に良い試合になるのは間違いないと思うんで、3月が楽しみです。(『K'FESTA.1』というビッグイベント出場への想いは?)久保選手にK-1の宝物なんて言ってもらって凄く光栄なんですけど…久保選手はK-1ジムの代表で、僕はK-1チャンピオンの代表という気持ちを持って、リングをぐちゃぐちゃにさせるようなことはさせられません。『K'FESTA.1』という大きな舞台で、チャンピオンとして一番良い試合を見せたいと思います。

(『K-1 AWARDS 2017』でMVPに選ばれて、MVPとしてどんな試合を見せたい?)2017年のMVPに選ばれて本当に凄く嬉しいですが、2017年はもう終わってるんで、2018年ももう1回MVPを獲るぐらいの気持ちで、他のチャンピオンに負けない試合を見せるだけです」

 前回の対戦は1日3試合のワンデートーナメントの決勝で、それまでの消耗やダメージも影響した試合だったが、今回はお互い無傷で戦う一発勝負のタイトルマッチ。その違いについて質問が飛ぶと、久保は「去年の4月のトーナメントを思い返してみると、自分の中で残っているのはこのクソガキに屈辱的な思いをさせられたということだけ。地獄を見せてやらないと気がすまない」と感情を爆発させる一方「(ノーダメージだったら負けない?)もちろん。その自信があるからこの試合を受けました」とニヤリ。

 対する武居も「去年の試合で唯一倒せなかったのが久保選手でした。久保選手はあの時が復帰戦で、決勝まで来て身体的にもボロボロだったのに倒せなかった。今回、お互い無傷で試合できることが凄く楽しみで、絶対にいい試合になると思います」と再戦での完全決着を望んだ。

 王者・武居がベルトとK-1を守り、明るい未来を切り拓くのか? それとも挑戦者・久保が武居を叩き潰し、K-1のリングに混沌をもたらすのか?

 

選手登録