2017.12.26

 12月26日(火)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、12月27日(水)東京・後楽園ホールで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~SURVIVAL WARS 2017~」の前日記者会見が行われた。

当初、今大会の第6試合ではKrush-58kg王者・西京春馬vs大滝裕太の一戦が組まれていたが、大滝が交通事故に遭ったためドクターストップ(※命に別状はなし)。急遽、大滝の代替選手としてK-1甲子園2017-55kg王者・椿原龍矢の出場が決まった。西京と椿原は2015年のK-1甲子園決勝で対戦しており、この時は西京が判定勝利。椿原にとってはプロの舞台でリベンジのチャンスが巡ってきたことになる。

 会見でも椿原は「明日はリベンジのチャンスをもらえたので、しっかりリベンジしたいと思います。プロとしてK-1のリングに立つのは初めてなので、しっかりインパクトを残そうかなと思います」とリベンジ宣言。

 試合決定から試合までの準備期間は短かったものの「いつもより2.5kg重い階級なので減量はマシでした。相手が左利き(サウスポー)で対策も練っています。K-1甲子園が終わって、すぐリベンジのチャンスが来て、周りからラッキーボーイと言われているので、そのノリでいこうかなと思います」と西京との再戦が待ち遠しいと言わんばかりに語った。

 迎え撃つ西京は「対戦相手が変更になったんですけど、モチベーションを上げてしっかり練習できたので、いいパフォーマンスができると思います」。現K-1フェザー級王者・武尊が来年3月にスーパー・フェザー級王座に挑戦するため同王座を返上し、2018年はK-1フェザー級王座が空位となる。

 西京は「今の僕はそこ(K-1フェザー級のベルト)を見据えています。しっかりこういう試合を超えないと(タイトルに絡む試合には)出られないと思うので、しっかり勝ちたいと思います」と椿原戦をK-1王座につながる試合にしたいと語った。

 第5試合で対戦するKrush-53kg王者・軍司泰斗と大岩翔大は前日会見で激しく火花を散らした。

 対戦カード発表会見やインタビューで「今回の相手はKO勝ちして当たり前」と上から目線の発言を連発した軍司に対し、大岩は「格が違うだのレベルが違うだの好き放題言われていたんで、Krushのチャンピオンかなんか知らないけど、どっちが上かはっきりさせてやろうと思います」とイライラを爆発させる。

 これを聞いた軍司は「僕の中ではKOしか頭にないんでKOするだけです。試合を見ればどっちが強いか分かります」と強気な姿勢を変えることなく「大岩選手はKHAOSのトーナメントで優勝していますけど、Krushの方が強いところを見せて圧倒的に勝つ」と圧勝を予告した。

 一方の大岩も「自分はKHAOSがKrushの下だとも思ってないんで。あっちはKrushの方が強いみたいなことを言っていましたけど、明日は俺の方が上だってこと思い知らせてやろうかなと思います」と譲らず。明日はお互いの意地と意地がぶつかり合うバチバチの一戦になりそうだ。

 

選手登録