2017.09.17

 9月17日(日)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の公開計量・前日会見が行われた。

 大会の前半戦で行われるスーパーファイト3試合に出場する6選手が揃って記者会見に出席し、それぞれ意気込みを語った。

 第8試合で対戦する卜部弘嵩と山本真弘は約3年ぶりの再戦。この時の対戦では弘嵩が判定勝利を収めている。現在、両者は連敗中という状況で、今回は“復活”がテーマの試合でもある。

 会見でも二人は「色んな人の協力があってここまで来れました。明日は自分の100%の力を出して、恩返しできるようにしっかり勝ちます」(弘嵩)、「コンディションもいいので、明日はしっかり勝ちたいと思います。対戦相手に対しては特にないです。自分を応援してくれている人のために戦います」(山本)と復活を誓った。

 第7試合の日菜太vsセルジオ・サンチェスの一戦も日菜太にとって再浮上をかけた一戦だ。6月の第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメントで一回戦敗退に終わっている日菜太は「明日は肩の力を抜いてK-1を楽しみたい。自分が戦いたい相手(現王者のチンギス・アラゾフ)に辿りつくまでは負けません」と宣言。

「計量の時に(サンチェスの)顔を見たら怖かったので目をそらしちゃいましたが(苦笑)明日はしっかり目を見て戦いますし、勝つのは僕です。明日はKOボーナスも出るので、K-1はKOを狙うスポーツです。パンチでも蹴りでも倒せる武器はあるので、倒して勝ちます」とKO予告も飛び出した。

 一方、今回がK-1初参戦のサンチェスは終始険しい表情でマイクを持ち「コンディションは絶好調だ。さっき彼と目を合わせた時、彼は目をそらしたので、彼は自信がないのかなと思っている。彼が言ったこと(KO勝利)が現実になることはない」と語っている。

 そして第6試合ではスーパー・フェザー級の一戦として島野浩太朗と皇治が激突する。前回の大雅戦では減量に苦しんだ皇治だったが「今回は体調がいいんで、何も食べなくても楽勝できるかなと思います」と自信満々。

 試合前のトラッシュトークが注目される皇治だが、島野は皇治がどんな言葉をかけてきても一切反応せず。前日会見でも島野は「楽勝って言われていますけど、相手は相手をマットに沈めます。面白いことをリングで見せるし、相手を沈めてからたくさんしゃべります」と態度を変えることはなかった。

 これに対して皇治は「気合いが入っているなと思うけど、もうちょっと面白いこと言った方がいいかな?」とけん制しつつ「今日は服装がカジュアル? モテようかなと思って(笑)。たけぽん(武尊)のファンを俺が全部奪ってやる」「俺は大阪から来ていて、地方で頑張っているやつらが少しでもK-1に上がれるようにしたい。大阪でK-1が出来るように、マルコメ(島野)をひっくり返してK-1を大阪に持って帰る」と大きな野望を口にした。

 各選手がそれぞれのテーマを持って臨むスーパーファイト3試合。結果はもちろん存在感を見せつけるのは誰だ!?

 

選手登録