2017.09.17

 9月17日(日)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて、明日、9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の公開計量・前日会見が行われた。

 初代フェザー級王者・武尊がいよいよ明日の大会で初防衛戦を迎える。挑戦者は超攻撃的なファイトスタイルで“中国の武尊”の異名を持つワン・ジュングァンだ。

 会見で武尊は「明日は初防衛戦ですが、防衛戦だからといって守る試合は絶対にしません。もう一度ベルトを獲りに行くつもりでチャンピオンになります。防衛戦ということを意識せず、自分のやりたい戦いをやって、試合を楽しんでぶっ倒してやりたいと思います」と挨拶。

 前回の試合以降、新たなフィジカルトレーニングを取り入れ「まだ100%ではないけれどパンチも蹴りもスピードもパワーも上がっている自覚があるので試合が楽しみです」と語る。

 過去にKrush-58kg王者・K-1スーパー・バンタム級王者として2度の初防衛戦を経験し、いずれも苦戦している武尊は「初防衛戦はプレッシャーも大きくなりますが。それを取っ払って防衛戦ということを考えずに、ある意味、趣味としてやります。僕がやりたいことをやって、自分が一番楽しんで満足できる試合を思いっきりやろうかなと。そうすれば過去最高のパフォーマンスを見せられると思います」と一格闘家として純粋な気持ちでタイトル戦に臨むつもりだ。

 対するジュングァンからは「ファンのみなさんが喜ぶようなエキサイティングな試合を見せたい」という挨拶のあと「今回の試合に向けてガードを強化して、色々とテクニックを発揮できるトレーニングもやってきた。明日は私のテクニックとガードを見てもらいたい」と激闘派らしからぬコメントが飛び出す。

 すると武尊は「相手はガードやディフェンスの練習をしてきたそうですが、僕はそういう試合をするつもりは一切ない」と言い切り「僕はバチバチに打ち合うつもりだし、打ち合ってくれよって感じです」とジュングァンに言葉を送る。

 これを聞いたジュングァンも「確かにガードやテクニックを練習してきたが、試合になったら殴り合う」とすぐさま呼応。明日のフェザー級タイトルマッチは小細工なしの真っ向勝負・ハイレベルなK-1らしい打ち合いが繰り広げられるに違いない。

 

選手登録