2017.09.13

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト第2試合/K-1ウェルター級/3分3R]で対戦する平山迅と渡邊俊樹のコメントを公開!

平山迅(センチャイムエタイジム/写真左)
「久々にK-1で試合が出来ることは素直に嬉しいです。本当だったら初代ウェルター級王座決定トーナメントへの出場や本戦への出場を意識して戦っていたのですが、自分でやってしまった結果なので、プレリミナリーファイトでもオファーしてくれた宮田プロデューサーを含めK-1関係者様の皆さんに感謝しています。前回、K-1で試合をした時は、-70kg(※現スーパー・ウェルター級)の試合でKO勝ちをしたんですけど、今の方がパワーもスピードも成長していると思います。

(相手の印象は?)身体能力が高そうですね。でも俺の試合のテーマは、お客さんは“何を見たいか”や“何を見に来たか”意識して試合することです。あと誰が見てもわかりやすいKO決着な試合をして、俺の試合で酒を呑めるような試合をします。久しぶりのK-1のリングですけど、本戦やトーナメントの試合だけが面白いのではなく、俺の試合もインパクトがある所をアピールします。プレリミナリーファイトから激しく熱い試合になるので、皆さん応援よろしくお願いします」

渡邊俊樹(優弥道場/写真右)
「今回の試合が決まった時は『このタイミングでK-1さいたまスーパーアリーナで試合か!』と思って痺れました。(格闘技をはじめたきっかけは?)とにかく強くなりたかったので、16歳で空手を始めました。その後MMAを経験してから立ち技を始めました。(相手の印象は?)格上の選手で強い印象があります。でも自分はアグレッシブに見ている人を楽しませる試合をして勝ちます。リラックスして練習でやってきたことをそのまま出して『優弥道場の渡邊俊樹』を覚えてもらえるような試合をするので、よろしくお願いします!」

 

選手登録